ブログ

春節(旧正月)にまつわる縁起アレコレ

今年の春節(旧正月)は、1月25日です。
春節は、中華圏において最も重要視される祝祭日です。旧暦の1月1日ですから、月の満ち欠け運行の暦ため、新暦では日付が毎年変わります。中華圏では、新暦の1月1日も祝いますが、春節の方が新暦よりもはるかに盛大にお祝いします。
そんな春節において、様々な縁起担ぎが行われます。まず、「色」です。春節においては、「赤」が非常に多用され、街全体が赤色に染まります。以前、香港人の友人が私の自宅の赤いカーテンを見て、春節みたいと言われました。笑
赤を多用する言われは様々ありますが、五行で赤は火を表し、火は魔の退散パワーが非常に強い事から赤の多用が有ると思われます。爆竹で新年を祝うのもこの影響でしょうね。

記:谷口 尚熙

木星丘

手のひらを観てみますと、指の付け根部分やその他に膨らみがあります。これらを丘と呼び、その発達度合い等でいろいろと判断できます。それぞれ丘は10カ所あります。

前回の太陽丘に引き続き、今回は木星丘を観てみます。
木星丘は、人差し指の付け根の下の膨らみで、名誉や地位、功名心を表します。この部分が発達している方は、寛大で包容力があり、努力家です。また、自信家で出世欲の強い野心家でもあり、リーダーとして活躍している人に多く見られます。

木星丘に表れる掌線やサイン
①ソロモン環
人差し指の付け根に半円形にあらわれる線。神秘的なもののあこがれが強く、困ったことがあっても誰かに助けてもらえる強運の線です。
②向上線
希望の実現や出世などを表す幸運の線です。
③スクエア
奉仕や人にものを教える適正あり、上手く活かすことで強運をつかむことができます。
④スター
名声を得たり、人からの信頼が高まることで、思いがけない大成功につながる可能性があります。

サイン、掌線のみかたは三大重要線、その他総合的な事柄を参考にしながら判断いたします。一例として記入しています。このようなサインが出ると、木星丘の意味する吉運となります。このように手相にはご自身の努力や環境で運気アップを引き寄せるサインが出ます。毎日手相を観て、チャンスを逃すことのないよう運気を高めて下さい。

記:玉木 仁邦

 

一月の運勢

誕生月別 易占から観る一月の運勢

一月生まれ
安定運の時です。
物事がスムーズに進みます。
心強い援助者が現れるでしょう。

二月生まれ
自然体がいい時です。
無理のないことから始めて下さい。
自分の足で一歩ずつ!

三月生まれ
衰運気の時です。
思い通りに物事は通りません。
小さいことからコツコツ始めましょう。

四月生まれ
慎重運の時です。
気持ちがとても不安定になりがちです。
自分の良さを出していきましょう。

五月生まれ
順調運の時です。
慎重に物事を推し進めて下さい。
緩やかな進展が期待できます。

六月生まれ
好調運の時です。
損得を考えないで手助けしましょう。
人の笑顔にほっこりです。

七月生まれ
新しい年の旅立ち時です。
準備に怠りがないか今一度確認して下さい。
潮目を逃さないように気を付けましょう。

八月生まれ
上昇運の時です。
新しいアイデアが採用されます。
攻めの気持ちで臨んで下さい。

九月生まれ
現状維持の時です。
あるがままが一番大切です。
貴方の持ち味を活かして下さい。

十月生まれ
盛運の時です。
充実感に満ち溢れています。
金運にもご縁があります。

十一月生まれ
低迷運の時です。
性急な行動は慎んで下さい。
素直に人の助言は受け入れましょう。

十二月生まれ
自重運の時です。
ライバル出現で心が乱れそうです。
平常心を保ちましょう。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

今年も残りわずか

皆さんは今年一年どんな感じでしたか?
私は四柱推命の通変星で「偏印」の年にあたり、正にその意味するところの一年となりました。「偏印」は通変星の印星グループの凶星にあたります。凶星なので、言葉の響き的に悪いイメージですが、実は魅力的な星です。印星は教え導く事や知識を示し、「偏印」については流動性が伴うため、多岐に渡り興味が沸き活動的になる特徴を持っています。そこから、人気運の星、最もよく忙しく動く、アイデアマンなどの意味が派生するのです。
一年を振り返ると、多くの事に興味が沸き、様々な知識を求めて色んな地域に赴きました。(今年の飛行機搭乗は30回でした。笑)
来年は「劫財」の年。体力みなぎる一年になりそうです。

記:谷口 尚熙

 

太陽丘

手のひらを観てみますと、指の付け根部分など数カ所に膨らみがあります。 これらを丘と呼び、10カ所あります。

その発達度合い等で、掌線と同じように色々と判断できます。 今回は、太陽丘についてみてみましょう。 太陽丘は、薬指の付け根の下の膨らみです。 成功や名誉、人気、芸術性を表します。 この部分が発達している方は、明るく親切で周り方から好かれます。 また、音楽や詩、絵画や文学への憧憬が深く、魅力的で運の強い方が多い傾向があります。

この丘に表れるサインとして、
①スター:思いがけない援助者が現れたり、投資等で成功したりする人気運、金運の強さを表します。
②グリル:特殊な才能や発想力、アイデアから金運に結びつきます。
③フィッシュ:異性運を含め理想の出会いに恵まれ、金運がめぐってきます。
④トライアングル:ご自身の明るさや、コツコツと積み上げた信頼から、チャンスをつかみます。
また、上記のようなサインが見られれば、さらに運気アップとなります。 サインの見方は、三大重要線やその他総合的な事柄を参考にしながら判断いたします。
一例として記入しています。このようなサインが出ると、太陽丘の意味する吉運となります。
手相には、ご自身の努力や環境によって、運気を引き寄せるサインが出ます。 毎日手相を観て、チャンスを逃さないように、運気を高めて下さい。

記:玉木 仁邦

 

十二月の運勢

誕生月別 易占から観る十二月の運勢


一月生まれ
自重運の時です。
勇み足にならないよう気を付けて下さい。
良き指導者の指示に従いましょう。

二月生まれ
慎重運の時です。
後悔先に立たず。
悔いが残らないよう行動して下さい。

三月生まれ
低迷運の時です。
軽はずみな発言は慎みましょう。
心静かに動じることなく!

四月生まれ
控えめがいい時です。
地味な作業もいつかは報われます。
異性関係には要注意です。

五月生まれ
盛運の時です。
追い風を受けて順風満帆です。
自信を持ち前進しましょう。

六月生まれ
順調運の時です。
何事も最初と最後が肝要です。
風の流れを敏感にとらえましょう。

七月生まれ
即断即決の時です。
見込みのないことは深追いすることなく!
いつでも退く覚悟が必要です。

八月生まれ
衰運期の時です。
焦りは禁物です。
時の移るのを待ちましょう。

九月生まれ
「初心忘るべからず」
調子に乗り過ぎないよう気を付けて下さい。
今の状態を維持しましょう。

十月生まれ
低迷運の時です。
プレッシャーに押しつぶされそうです。
余計なことには手を出さないことです。

十一月生まれ
好調運の時です。
仕事運も向上します。
感謝の気持ちを持ちましょう。

十二月生まれ
問題解決の時です。
断固とした強い態度で臨みましょう。
物事にしっかりと目を向けて下さい。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

軍配は占いの道具

今年を締めくくる大相撲九州場所、盛り上がってますね。
さて、相撲の際に行事は必ず軍配を持っています。これは戦国時代に武士たちが相撲を取る時、行司役の武士が勝敗を裁定する道具として使われたのが説として有力です。
ところで、軍配が占いの道具としてご存知でしたか?先日、再放送の大河ドラマで、淀君が息子秀頼と徳川家康に対面させるべきか悩んでいる場面があり、軍配師なるものを呼び吉凶を占わせる内容が展開されました。自分自身、軍配師とは???と疑問を持ち調べたところ、実は合戦の指導者である軍師を示し、風水や占いや兵法に長けていた人物である事が分かりました。戦国武将には10人のお抱え軍配師を抱えた人もいたようです。更に、合戦時に軍配を用いるのは団扇的なものは、悪気を払うなどの縁起以外に様々な気象情報や吉凶を書き込んでいたようです。まさに占いの道具ですね。
勝負は時の運ともいいますが、戦国武将にとって勝利を万全にするうえで当時最も
頼りにしていたのが占い師とも言えますね。

記:谷口 尚熙

 

 

生命線の長さと寿命とバイタリティ

生命線は、人差し指下から親指の付け根、金星丘に沿って手首に向かう線です。 体力の強弱や健康状態を表します。 病気やトラブルなどもこの線でみます。 また、スタミナ度、バイタリティ度も、この線の張り出し度合いで観ることができます。 よく「あの人はバイタリティがあるね」という表現をする一方、若い方から「バイタリティって何ですか?」聞かれることもあります。バイタリティとは、元気、健康的、積極的に物事に取り組む、明るく小さなことにこだわらない、 チャレンジ精神があるといったところでしょうか。
では、生命力、バイタリティを観てみましょう。まず、人差し指の中心より真っすぐに手首方向に引いた線(図の赤線)を基準に観てください。


①線を越えて大きくハリ出している生命線は、スタミナ抜群で病気に対する抵抗力があります。

②線くらいで弧を描く生命線は、標準的な気力、体力があります。

③線まで届かない生命線は、それほどスタミナがある方ではなく、控えめで、華奢なタイプです。

線の太さや、断線、障害線、島、切り返しなど、総合的に観た判断となりますが、生命線の長さと寿命とは全く関係ありません。生命線は、前向きな考え方や行動力で、線が強くなったり、濃くなったりすることもあります。また、親指を内側に指を折り曲げるように指運動によって、線をくっきり鍛えることもできます。

記:玉木仁邦

十一月の運勢

誕生月別 易占から観る十一月の運勢

20191101 紅葉1

一月生まれ
盛運の時です。
自然に任せて吉です。
臨時収入も期待できそうです。

二月生まれ
好調運の時です。
商売繁盛でお金にご縁ありです。
結婚は良縁です。早く話をまとめましょう。

三月生まれ
順調運の時です。
人の意見を取り入れましょう。
物事はスムーズに進みます。

四月生まれ
上昇運の時です。
仲間と協調することで更なる効果が得られます。
試験は合格するでしょう。

五月生まれ
慎重運の時です。
感情的になりやすいので気を付けて下さい。
素直さが一番です。

六月生まれ
良好運の時です。
物事の見極めが大切です。
新しい出会いもあるでしょう。

七月生まれ
現状維持がいい時です。
骨折り損にならないよう気を付けて下さい。
食事のお誘いは受けましょう。

八月生まれ
安定運の時です。
質素倹約に努めて下さい。
名を捨てて実を取りましょう。

九月生まれ
問題解決の時です。
長年の懸案が解消されます。
積極的に行動して下さい。

十月生まれ
自重運の時です。
よき指導者に従って下さい。
熱意をもって教えを受けましょう。

十一月生まれ
停滞運の時です
無理を通さないで下さい。
自然に流れるのを待ちましょう。

十二月生まれ
安泰運の時です。
誠心誠意尽くしましょう。
より良い関係が築けます

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

そもそも占いとは?

タイトルから、「占いの神髄とは?」と思われる方がいらっしゃるかと思いますが、今回は占いと言う「言葉」について。

姓名判断などで、よく画数のみを調べて終わり!と捉える方も多いでしょう。実際そのパターンだけで吉凶を判断する方も居ます。私の場合、画数だけでなく漢字や言葉の語源についても調べます。語源を調べると良いイメージなのに、実際の起源はおどろおどろしいものだったりすることも多々あったりするのです。
そんな中、占いの語源は何か?と気になり調べてみると面白い事が分かりました。
「うらない」の「うら」は、正に裏、もしくは心のうちを示します。また「ない」は「なふ」と言う言葉が変化したもので、意味は見る、読むと言う意味だそうです。「うらない」とは相手の心のうちを知る事が意味の本質なんですね。
また、漢字の起源は「卜(ぼく)」だけで、そもそも占いを示した様ですが、その後、占いは問いかけて結果を得る事から、「口(くち)」に対し「卜(ぼく)」を占いの結果として捉え、2つを組み合わせて「占」の形に成ったようです。ちなみに「占」は、占拠や占めると言う意味も有りますね。これは、亀の甲羅で占う「卜占」で、いつも特定の場所に点を刻むことから同じ場所に固定する意味も持つことになったそうです。
言葉の起源調べると、色んな発見がありますね!

記:谷口尚熙