第六感?

タイトルに有る様に第六感とは、人間に備わっている視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感以外の感知能力を指します。一般的に虫の知らせはこの第六感を言いますし、思想家の中村天風は霊感と同一のものと考えていました。
チェルノブイリ原発事故では、作業員の間で2日前から何かしら落ち着きを得ない状況が続いていたとの報告も有ります。
科学的根拠が示されないのでオカルトの域を出ませんが。
実はその第六感では?と思える面白い現象を先日経験しました。

1月8日に単発講座で「2022年の私の運勢」と題し、四柱推命で1年の運勢を紹介しました。講座には 22人が参加、その中で個人的興味から参加者の十干を調べてみました。全体の4分の1にあたる5人ずつ丁(ひのと)と壬(みずのえ)に集中しました。確率論から行くと十干ですから10種類で1つあたり2人となるところ、丁と壬に集中しているのは、たまたまだったのでしょうか?
2022年の運勢で、丁は干合年と言われ非常に好調となり、壬は比肩年で大きな切り替わりを迎え、丁と壬はここ10年で大きな転換期となるのです。
あくまでも根拠の無い私の想像ですが、今年大きな変動を体感で感じてる人が今回の講座に集まったのではないかと。

第六感って有るかもしれない・・・。と感じた年初めの出来事でした。

記:谷口 尚煕

 

2022年の金運は?

「太陽線」と呼ばれる薬指下部から手首方面に伸びる線で、
金運が高まっているかどうか見ることが出来ます。
また、線が薄い、無い人も意識することで呼び込むことができます。

①線が深く刻まれ1本長くあるのが良いとされます。

 

②2本あれば二頭を追う物一頭を得ずといわれますが、そのようなことはありません。
・並行して走る
片方の線が薄いーサポートラインとなり、金運は良い。
・同じ太さ
人からの引き立てで金運が良くなる。

 

③太陽線が第一火星丘に流れる
・免許、資格がお金儲けになる。
・自分の特技、趣味でお金を稼げる。

 

④太陽線が月丘に流れる
・芸術的(音楽、美術、文学)なことで金運が開運する。
・アイドル線となり芸能界成功の可能性があります。
・人気、金運が絶好調。

 

⑤太陽線が生命線に届く
・その人の魅力、ライフワークで花開き金運がつきます。

 

⑥三奇線
・運命線、太陽線、財運線が一つの起点から立ち上がる。最高の金運が訪れる。

 

⑦細かな線が数本ある
・お金は入ってくるのですが、出ていくのも多い。
・元々線が無く、細かな線が数本で出現してきた。
金運が良くなる前兆です。

 

⑧太陽線にクロス、島、断線がある
・予期せずまとまった出費がありそう。

 

⑨太陽線が薄い、無い
・金運からは、疎遠となる。
・金銭に疎く関心が薄く、欲が無い。
太陽線はなくても、ペンで書く(色はゴールド、シルバー、赤など暖色系)とか爪で書くことでハッキリした太陽線が出てきますし、金運アップが期待できます。

意識することで金運アップのチャンスを掴むことができます。
ぜひとも2022年の金運アップにつなげて下さい。

記:玉木 仁邦

 

 

一月の運勢

誕生月別 易占から観る一月の運勢


一月生まれ
上昇運の時です。
「三人寄れば文殊の知恵」と言います。
新しい年を三つ巴で乗り切りましょう。

二月生まれ
意識改革の時です。
古いものにとらわれ過ぎないで下さい。
新しい風を取り込みましょう。

三月生まれ
良好運の時です。
貯蓄を心がけましょう。
急な出費に備えて下さい。

四月生まれ
順調運の時です。
変わらないということが大事です。
結婚はまとまりますが時間がかかるでしょう。

五月生まれ
盛運の時です。
開店、拡張にいい時期です。
一歩前進してみましょう。

六月生まれ
スタートの時です。
脇を締め慎重に進みましょう。
コツコツ積み重ねが肝要です。

七月生まれ
慎重運の時です。
物事を深く掘り下げて考えましょう。
今何が必要か答えが見つかります。

八月生まれ
変化の多い時です。
周りに惑わされないで下さい。
冷静に対処しましょう。

九月生まれ
職場に変化があります。
自分の役割をしっかりこなして下さい。
視野を広げ人と交流しましょう。

十月生まれ
仕事運向上の時です。
物の行き来が多くなります。
トラブルには気を付けましょう。

十一月生まれ
守りに徹する時です。
本業に力を注いで下さい。
誠実な態度が好ましいです。

十二月生まれ
平常運の時です。
有能な人に助言をもらいましょう。
将来の糧となります。

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

最強の生年月日の続きの続き

2022年2月18日に全ての干支が壬寅で並ぶお話は前回までにしつこくしましたが、まだ続きがあります。笑
先日、地元の博物館で企画展があり見に行ってきました。その内容は「妙見信仰と八代」と言うもので、八代市にある八代神社を中心とした妙見神(みょうけんしん)を祀った歴史を詳しく展示した内容でした。妙見神は北極星や北斗七星の化身とされ、戦いの神として武家の信仰を集めました。
そんな展示物で私の目を引いたのが、入口直ぐに展示してあった「四寅剣(しいんけん)」でした。展示されていたものはレプリカで、本物は神社の宝として代々受け継がれて来たそうです。この「四寅剣」は寅年、寅月、寅日、寅時刻が揃った時にその気を刀剣として叩き生産されたものを示し、朝鮮王朝でも数多く作られたと文献に書かれています。なぜ、この条件で作られたのか?理由は寅は陰陽五行で一番最初に来る陽の気で、それが全てにおいて満たされると霊力を持ち、陰の気を断ち切ると考えられたようです。つまり魔や厄と言った陰の気を抑える魔除けとして「四寅剣」は扱われたのですね。
寅だけ揃いは必ず12年に1度来ますが、壬寅揃いは数百年に1度。
もし知り合いの方で鍛冶屋さんが居たら、ナイフ程度の小刀でもオーダーされたら如何でしょう?

記:谷口 尚煕

 

影響線

人生には色々な人との出会いがあります。また、色々な考え方や発想にも出会います。そして、自身の運命に大きく影響を受ける出来事もあります。
手相には、感情線、頭脳線、生命線の三大重要線に次ぐ線「運命線」があります。運命線は手の平下部、手首側より中指に向かう縦の線です。仕事や環境の変化など一生運の流れを表し、人生上の運気や社会との関連を読み解くことができます。その「運命線」に向かう斜めの線で、小指側手の平下部(月丘側)を起点とする線で「影響線」といいます。
周囲からの影響を表し、自身の人生に影響を及ぼす人との出会いや、人生上での自身の生き方、ライフワーク、信念等に大きく受ける影響の出現を意味します。また、魅力的な人に表れる線で、異性関係や仕事上の良い影響を表す線でもあり、人生上のパートナー(結婚)との出会いも考えられるのです。
そして、文学、音楽など芸術性とのご縁もある魅力的な線でもあるのです。
「縁は異なもの味なもの」といわれます。人と人との関わりに出会いがあり、「影響線」は自身の運気や人生に大きな影響を与える線のひとつなのですね。

記:玉木 仁邦

 

十二月の運勢

誕生月別 易占から観る十二月の運勢

一月生まれ
転移の時です。
人事異動、転勤、転職にご縁ありそうです。
一人ぶらり旅行もいいでしょう。

二月生まれ
良好運の時です。
気の合う仲間と円卓を囲みましょう。
にぎやかな年の瀬になりそうです。

三月生まれ
単独行動がいい時です。
的を絞ってみましょう。
「二兎を追う物は一兎をも得ず」と言います。

四月生まれ
平常運の時です。
散歩道を変えてみましょう。
遠回りが思わぬ効果を出しますよ!

五月生まれ
好調運の時です。
誤りに早く気付くことで難を逃れます。
方向転換することも視野に入れて下さい。

六月生まれ
慎重運の時です。
高望みは禁物です。
身丈に合った行動を心がけましょう。

七月生まれ
盛運の時です。
来年に向けて先行きが明るいようです。
温存していた企画を提案しましょう。

八月生まれ
順調運の時です。
良き協力者に恵まれます。
恋愛は三角関係に気を付けましょう。

九月生まれ
上昇運の時です。
チャンスをしっかりつかみましょう。
本からたくさんの知識を得て下さい。

十月生まれ
喜び事が多い時です。
積極的に人と交流を持ちましょう。
留意することは羽目を外し過ぎないことです。

十一月生まれ
お部屋の整理整頓をしましょう。
失くしたものが見つかります。
心身ともにすっきりしますよ。

十二月生まれ
一年の締めの月です。
色々反省し来年につなげて下さい。
人生のシュミレーションを立ててみましょう。

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

最強の生年月日の続き

前回の10月のコラムでも触れましたが、2022年2月18日に非常に珍しい組み合わせの生年月日になるお話をしました。
実は、生年月日としての機能とは別に運勢としての影響が今を生きている人に存在するのです。
それが2つのケースとして影響を及ぼします。
一つは干支併臨です。
干支併臨とは、巡って来た年の六十干支と自らの生まれた日の六十干支が一致した状態です。一般的に60年に1度しか巡ってこない事も有って、自身に与える影響力は大きく、通変星では比肩となりますから、吉凶が激しく現れ人生の大きな変革をもたらすと言われています。
もう一つは干合支合です。
巡って来た年の六十干支と、自ら生まれた日の六十干支が干合もして支合もする状態で、これも60年に1度しか巡ってきません。その意味するところ、巡って来た六十干支と最も相性が良い訳ですからこちらも、人生における大きな変化や人生のテーマが定まる事など生じやすいのです。
これが来年の2022年2月18日は壬寅で揃うのですから、壬寅の日に生まれた方は干支併臨の年。丁亥の日に生まれた方は干合支合の年となるわけです。年だけでなく月、日も揃うわけですから通常の干支併臨や干合支合よりも影響力は強くなることが見込まれます。
岸田総理は壬寅の日生まれ。2022年は干支併臨の年となるわけで、ご自身の政治人生で総理就任以上に大きな出来事が生じる事になるかもしれませんね。

記:谷口 尚煕

 

ますかけ線

頭脳線は親指の付け根と人差し指の間から始まり、手のひらを斜めに横切る線で、知能、才能、精神的活動能力を表します。
その線の一つに、ますかけ線と呼ばれる線があります。
この線は珍しく、女性より男性の手に多く表れる傾向があります。
国や地域によって出現率は異なりますが、日本では8.2%の方のどちらかの手にあるといわれています。百握りの相とも呼ばれ、百の思うことをかなえることが出来るという意味です。一度掴んだものは離さない強さがありながら、知らず知らずのうちに自分にとってマイナス要因も掴んでしまうこともあるのです。
ですから、波乱万丈でアップダウンの激しい人生を送られる方も多いのです。
しかしチャンスに恵まれると、その好機は逃しません。
ますかけ線にも色々なタイプがあり、大きく分けて3タイプに分類できます。

【真性ますかけ線】

感情線と頭脳線が1本の線となって表れている
人を引きつける魅力に溢れ、技術者、学者、医者、政治家、音楽家、芸能人などに多く、勢力的に活躍されています。ワンマン的で異性運はなぜかご苦労されます。
明石家さんまさん、佐渡豊さん、TAKAHIROさんなど

【変形ますかけ線】
タイプ①

頭脳線、生命線を伴うますかけ線
いつまでも子供のような気持ちを忘れない純粋な人です。人が思いつかないアイデアや、ものの見方をします。献身的に異性に尽くします。
タモリさん、小沢征爾さん、田中裕二さん(爆笑問題)など

タイプ②

感情線、頭脳線があり、親指を除く4本を軽くおじきさせると1本になる線がでる
感情線、頭脳線の長さ、それぞれ向かう方向の特徴で性格、気質がでます。また、ますかけ線の運気の強さがでます。
福山雅治さん、広瀬すずさん、宮﨑あおいさんなど

ますかけ線は、実力勝負で成功されている最強の手相かもしれません。
変形ますかけタイプ②の方は、人生に積極的にかかわる事でますかけ線に変化される方が多いです。

記:玉木 仁邦

 

十一月の運勢

誕生月別 易占から観る十一月の運勢

一月生まれ
ボタンの掛け違いから誤解が生じます。
お互い歩み寄りが必要です。
大事にならないよう気を付けて下さい。

二月生まれ
無理は禁物です。
やりすぎは心身ともに疲弊します。
身の丈に合った行動をしましょう。

三月生まれ
順風運の時です。
周りから評価が得られます。
これまでの努力の賜物です。

四月生まれ
慎重運の時です。
回り道して危機を回避しましょう。
何事も慎み深く行動して下さい。

五月生まれ
勢いが増しています。
現状をしっかり認識して下さい。
ブレーキは早めにかけましょう。

六月生まれ
チャンス到来の時です
準備万端で臨みましょう。
良い結果につながります。

七月生まれ
衰運気の時です。
深追いはしないで下さい。
現状維持に努めましょう。

八月生まれ
目前に障害があります。
一歩退き戦略の立て直しが必要です。
強い意志で立ち向かいましょう。

九月生まれ
停滞運の時です。
物事に行き詰まりが感じられます。
小さいことから片付けましょう。

十月生まれ
いろんな人が寄ってきます。
人選は人任せにしないで下さい。
見極めが肝要です。

十一月生まれ
視野が狭くなっています。
自分の考えに固執しないで下さい。
心にゆとりを持ちましょう。

十二月生まれ
平常運の時です。
仲間と行動を共にしましょう。
協調性を養うことが大事です。

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

最強の生年月日が来年到来!?

四柱推命において一番重要なのは六十干支です。
甲乙丙丁戊己庚辛壬癸の十干(じゅっかん)と、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の十二支が組み合わさった六十通りの干支が暦に於いて、年月日時間全てに散りばめられており、その組み合わせで六十干支の持つ性質から様々な事を推察するのです。
その中で、非常に稀有な組み合わせが有ります。
それが2022年2月18日午前3時〜午前5時に生まれると、滅多にない組み合わせが六十干支で表記されます。
壬寅の年、壬寅の月、壬寅の日、壬寅の時間となり六十干支が全て壬寅(みずのえとら)で揃うのです。
四柱推命の古典書には、一気生成格と言って福禄寿の運が生まれながらにして授けられると言われます。
また、徳川家康は寅月、寅の日、寅の時間に生まれで縁起が良いとされており、寅が3つ揃う「三福の寅」として後世に伝えました。
命式表で出すと、比肩と偏財の2種類で構成され中心星は偏財、壬のリーダー気質に寅の行動力が加われば、将来は経済界をけん引する存在になりそうですね!
はたまた徳川家康より寅が1つ多いので世界の未来をけん引する存在になるのか?笑

記:谷口 尚煕