ブログ

金星環

立春も過ぎ、これからは春の兆しがあらわれてきます。寒暖差激しく、季節のリズムが捉えにくい昨今ですが、体調はいかかがでしょうか?手相上に生命線を横切る雑線や、月丘に水平に横切る放縦線があるようでしたら、睡眠を充分にとってくださいね。
今回は、男性の手相を観てみます。歌手であり俳優としても活躍されているF.M氏の手相です。きれいな手相をしています。


頭脳線は、変形ますかけ線です。ますかけ線は、別名・百握りともいわれ運気に強い吉相です。
長く大きく下垂する頭脳線は、文学、音楽、絵画など芸術的な才能の豊かさを表します。また、特徴的な線として、ますかけ線上部に線があります。


二重感情線とも判断できますが、私は金星環と観ました。というのも、ますかけ線を持つケースでは、上部に横一文字の金星環が出る傾向にあります。上部にも金星環があることから、二重金星環として観ました。当然のことながら金星環の働きは強くなります。金星環は感受性の源であり、目に見えない美しさを具現化できる力があります。彼の場合、表現者としてこの上のない才能を秘めた線なのでしょう。これからも、益々のご活躍を期待いたします。
男性にみられる金星環は、俳優、美容師、デザイナー、クリエターで成功される方に多くみられます。一方、男性の金星環は、感情線や頭脳線に乱れがあると注意の相みなされます。女性にとっては魅力を倍増させるプラスの要素あり、別名「ビーナス・ガードル」ともいいます。また、線が薄かったり、切れ切れであったり金星環を、見つけられない方も多くいらっしゃいます。その場合、中指と薬指を2本揃えて軽く手前側にお辞儀させれば、金星環が現れてきます。きれいに一本の線で現れることは少なく、大抵は3~4本重なる様に現れます。内面からの美しさを演出してくれますので、更に魅力的になりたいと思っていらしゃる方は一度チェックされてみてはいかがでしょうか。

記:玉木 仁邦

 

二月の運勢

誕生月別 易占から観る二月の運勢

3

一月生まれ

慎重運の時です。
私欲に惑わされてはいけません。
正道を心がけましょう。

二月生まれ

損失の多い時です。
思わぬ出費がかさみそうです。
将来への投資と考えましょう。

三月生まれ

小休止の時です。
立ち止まって深呼吸して下さい。
からまっていたものがスッキリしますよ。

四月生まれ

良好運の時です。
流行のものを取り入れてみましょう。
きっと幸運に恵まれますよ!

五月生まれ

上昇運の時です。
目上からの引立てもあります。
人との和が肝要です。

六月生まれ

衰運気の時です。
お互いの考え方に隔たりがあります。
時機を見て行動しましょう。

七月生まれ

盛運期の時です。
好機に恵まれ利益を得ます。
目標は一つに絞って下さい。

八月生まれ

整理整頓の月です。
古い物の見直しをして下さい。
新しい発見があるでしょう。

九月生まれ

停滞運の時です。
心が不安定で落ち着きません。
何事にも余裕を心がけて下さい。

十月生まれ

好調運の時です。
物事をポジティブに考えて下さい。
ラッキーなことがあるでしょう。

十一月生まれ

強運期の時です。
物事が大きく動くでしょう。
やり過ぎに注意が必要です。

十二月生まれ

自重運の時です。
基礎が盤石ではありません。
専門家の意見を聞くのも一つの手です。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

 

2019年に手相の観点から開運を!

今年こそはと色々目標をと計画を立てられたと思います。
2019年も昨年に引き続き厳しい年回りになりそうですが、1年明るく楽しく目標に向かって進んでいきたいものです。
太陽線は、薬指下から手首方面に向かう線です。名声や成功、金運を表します。また、他人からのサポート等、無形の財産も表します。この線は、ない方や薄い方などもいらっしゃいますが、手相はご自身が意識すると線に変化が生じやすくなります。例えば、線の向かう方向や、線の有り様によって運気に違いがでます。それぞれ向かう太陽線で開運につなげて下さい。

20190120

太陽線は、1本太くくっきりはっきりあるのが理想です。
理想と現実が違うことは多いですが、手相は変える事が出来ます。
例えば、ご自身の爪で線をなぞるようにマッサージしていただくと効果がやすくなります。
また人差し指と小指の先を合せるように指運動することで線が強くなる傾向があります。
太陽線がはっきりしてきますと、生き生きとしたご自分を感じることができ、名前の通り周りの人たちを明るく照らすことができます。面倒だという方は、暖色系のペンで書いてもよいですよ。
今年は手相の観点から開運に結び付けて下さい。

記:玉木仁邦

 

 

2019年「己亥」年と「八白土星・中宮」年について

十干「己」は陰の土であり、曲がったものが頭をもたげて伸びようとする様子を表しています。草木の枝先に新芽が出てく新しい動きを意味し、「起こる」「己を正す」などの漢字の元となっています。十二支「亥」豚の骨を象った漢字です。含む漢字には、刻、劾、該、骸、咳があります。木偏を付けると「核」となり、物事の中心であり起爆性を持っています。動物ではイノシシ(猪)に当てはめているので、その気性となる猪突猛進という勢いを孕んでいます。
昨年2018年「戊戌」年は「国難激震の年」(2018年1月11日ラジオ関西「三上公也の情報アサイチ!」で公表)と占いました。振り返ってみると、実に多くの出来事が圧縮された一年だったのではないでしょうか。特に印象的なのが自然災害の多さ、豪雨・台風・地震と近年で最も多く発生しました。被害を受けた地域では、河川の氾濫や山崩れ、高潮や地層に沿っての液状化現象などが集中し、当たり前の日常が脆くも一瞬にして変わってしまうことを思い知らされました。世界情勢についても、各国間の関係が微妙となり、不穏さが増してきているのではないでしょうか。また、平成最後の年の12月、世界の株安連鎖は歯止めがかからなくなっています。
昨年の流れを受け継ぐ2019年は「100年に1度の激動の年!」(2019年1月1日ラジオ関西「三上公也の情報アサイチ!」で公表)と占いました。

20190110

記:越山真知央

一月の運勢

誕生月別 易占から見る一月の運勢

1

一月生まれ

改革の時です。
思い切って新しいことに挑戦して下さい。
きっと視野が広がります。

二月生まれ

インターネットにツキありです。
あなたに取って有効な情報が得られます。
走り回って忙しくなりそうです。

三月生まれ

盛運の時です。
人からの援助も期待できます。
勢いに乗ってやり過ぎないよう気を付けて下さい。

四月生まれ

慎重運の時です。
小さな悩みが生じます。
仲間割れには注意して下さい。

五月生まれ

良好運の時です。
気分は明るく楽天的になります。
移り気に注意して下さい。

六月生まれ

控えめがいい時です。
礼儀正しく努めましょう。
トラブル回避につながります。

七月生まれ

非常に運気の強い時です。
物心両面に恵まれます。
失せ物は必ず見つかります。

八月生まれ

慎重運の時です。
謙虚で低姿勢にして下さい。
見返りを求めない心が大事です。

九月生まれ

新しい年の初めの月です。
神社・仏閣にお参りしましょう。
内なる自分を見つめなおして下さい。

十月生まれ

物事が順序良く進みにくい時です。
欲張りは禁物です。
正攻法で進めて下さい。

十一月生まれ

不安定な時です。
人の意見に流されそうです。
信頼のおける人に従いましょう。

十二月生まれ

自然体がいい時です。
無理をしては元も子もありません。
正しい行動を心がけて下さい。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

 

今年の漢字「災」

今月12日、毎年恒例となっている今年の漢字が発表されました。世相そのものを表す一文字は「災」、なるほど大きくうなずいてしまいます。漢字の成り立ちを調べてみると、上部は流れをせき止める堰(せき)と下部の火で構成され、上手くいっていた生活の流れを邪魔して止める山火事のことと記されています。過去には平成16年にも選ばれており、その年は、新潟県中越地震、浅間山の噴火、国内各地で台風や豪雨、そして猛暑に見舞われた一年でした。
今年の自然災害を振り返ると

6月 大阪府北部地震

7月 西日本豪雨

9月 平成30年台風第21号・北海道胆振東部地震

は特に記憶に残る災害でした。見慣れた日常の風景は変わり、普段の生活が一瞬にして脆くも成り立たない現地の報道に、かつて体験した平成7年阪神淡路大震災の時を彷彿させる出来事でした。被災地の傷跡は深く、今もなお不便な生活を強いられている方もいらっしゃることでしょう。
世界に目を向けてみてもあらゆる場所で、地震、火災、水害等が絶えない年となり、温暖化が進み気温上昇の一途を辿ることも要因の一つと言われています。最近、「平成最後の○○」といった肩書で一年を締め括る風潮の中、あわただしい年の瀬を迎え、干支は戊戌から己亥と移り変わっていきます。「来年はどのような年になるのだろう?」漠然とした思いを抱いている方も多いのではないでしょうか?ともあれ、「災い転じて福となす」年であってほしいと祈らずにはいられません。

平成31年元旦には、毎年恒例となっているラジオ出演があります。  こちら
新年を迎えるにあたり、どのような年になるのかを占います。どうぞお聞きください。

 

記;越山 真知央

 

 

手相の読み解き方

占いのひとつに手相があります。手相は、千差万別で同じ手相の人はいません。また同じ人の手相でも、その人の環境や心の有り様によって変化します。
手相の解説書や本を観てもよくわからない事が多いとの声をよく聞くのですが、現実問題としてすべての手相を網羅することは不可能に近く、「こんな線載ってない」というのも当たり前のことになります。ではどう観るの?と思われる方に簡単ですが説明を。
気持ちが前向きの時、手相にも前向きな線が現れたり、手自体が生き生きしていたりと、手相から語りかけてくれます。顔色で元気かどうかがわかるように、特に細かい線を見なくても元気そうな手だなとか第一印象でわかったりします。
また基本に忠実に、感情線、頭脳線、生命線を読み解いていけば、その人となりの性格や適性、恋愛傾向や仕事運がよくわかります。
例えば、下記の手の線を持つ方を観てみましょう。


感情線は中指方面に向かいます。自分の興味のあることにとことん追及するタイプで、人や社会との交流を図るのが苦手です。また、恋愛傾向は自分中心で物事をすすめるタイプです。
頭脳線は感情線の起点と手首の中間部向かいますが、月丘の膨らみがあり発達しています。社会的に人気があり、空想や想像力が豊かで美術や音楽芸術的センスに溢れます。
生命線の張出しもありますが、途中で断線がみられます。健康面で難がある場合があります。生命線と頭脳線の起点は離れ型です。意志の強さと目標に向かう力強さが表れます。
太陽線がくっきりしています。人気、金運は抜群です。
これらのことを総合的にみますと、芸術性豊で想像力、空想力に優れ、とことん集中し仕事をされる方です。月丘に加え、木星丘(野心家、権力慾、地位)、太陽丘(芸術性、名誉、人気)の丘が発達されています。この様に三大重要線(感情線、頭脳線、生命線)の基本とその他の線、要素の組み合わせで観ていきます。慣れればそう難しいことはないのですが、基本をしっかり学ぶという意味では手相入門教室に入られて学ぶのが一番近道かもしれません。
写真の手は、現在大ヒット中の映画の主人公、イギリスのミュージシャンの手相です。

記:玉木 仁邦

 

 

十二月の運勢

誕生月別 易占から見る十二月の運勢

2

一月生まれ

上昇運の時です。
金運にも恵まれそうです。
ボーナスアップが見込めるかも?

二月生まれ

今年もあとひと月です。
やり残したことはありませんか?
見落としのないよう今一度確認して下さい。

三月生まれ

現状維持がいい時です。
邪魔が入り思うようにはかどりません。
来年に向け基礎固めをしましょう。

四月生まれ

絶好調の時です。
天からの恩恵も期待できます。
感謝の心を忘れないで下さい。

五月生まれ

交際運のある時です。
公私ともに人間関係が広がります。
人物をよく見極めることが大切です。

六月生まれ

思いがけない援助に恵まれます。
利を求めてはいけません。
質素倹約に努めましょう。

七月生まれ

安定運の時です。
新しいことに挑戦しても成果が期待できるでしょう。
人との協調性がカギとなります。

八月生まれ

気持ちが先走っているようです。
冷静になって手綱を締めて下さい。
相手は外見ほど中身は伴っていません。

九月生まれ

物事は行き詰っています。
今は我慢の時です。
進退の決断は避けましょう。

十月生まれ

停滞運の時です。
争い事は損失が多くなります。
我を通さず和解する方が得策ですよ。

十一月生まれ

暗中模索の時です。
今はひたすら耐えた方がいいでしょう。
あなたの真価が問われています。

十二月生まれ

一年の締めくくりの月です。
軽はずみな行動は避けて下さい。
堅実さが一番です。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

 

新嘗祭

新嘗祭は、その年の稲の収穫を祝い、次の年の豊穣を祈る祭儀です。日本では古くから五穀の収穫を祝う風習があり、「天皇が新穀を天神地祇に勧めて神を祀り、みずからも食す」宮中行事の一つとして、旧 11 月二の卯の日に執り行われていました。 1873 年 ( 明治 6 年 ) には太陽暦が採用され、この年 11 月の二の卯の日 11 月 23 日だったことから、この日が祭日として親しまれるようになります。敗戦後、占領軍により除外された時期もありながら、 1948 年「勤労感謝の日」として制定され、国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)第2条によると「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」と記されつながっています。また、伊勢神宮をはじめ全国の神社では新嘗祭が開催され賑わいます。
来年、平成 31 年 4 月 30 日には天皇陛下が譲位、翌日 5 月 1 日には皇太子さまが即位され、新しい元号となります。ご即位・大礼の主な儀式の中で、初めて行う新嘗祭は大嘗祭 ( だいじょうさい ) と呼ばれ、数日に渡り儀式が執り行われます。その際に、皇祖及び天神地祇に供えられ、また天皇陛下自らも召し上がる穀物は、改元に伴い「斎田点定 ( さいでんていんてい ) の儀」により、悠紀 ( ゆき ) の地方及び主基 ( すき ) の地方が定められます。斎田は亀卜で占われ、平成においても亀卜が用いられたそうです。
今年も多くの自然災害が起こり、その度に農作物への多大なる被害もありました。今ある恵みを当たり前と思うことなく、常日頃から感謝の念を忘れず日々を過ごしたいものです。

記:越山 真知央

 

 

 

変わる手相

皆様は手相をどれくらい見ているでしょうか?
占い師に観てもらった時?
雑誌や本でチェックした時?
先ず、三大重要線(感情線、頭脳線、生命線)そして運命線を観てみましょう。この線がはっきりと現れている方は、仕事は勿論のこと趣味や習い事等イキイキと過ごされている傾向があります。手相はご自身の思いや考え方、生き様が手相になって現れ、元気のある人は勢いのある手相となり、落ち込んだ時や悩みが多い時は雑線が多くなり元気のない手相となります。
いつも私は手相入門講座で、講座が始まる前に皆様にお聞き致します。
「手相は変わりました?」
「新しい線はでてきましたか?」
するとある受講生が、
「はっきりした線が表れてきました」
と答えました。
観てみますと太陽線がはっきりしてきました。この方の手相は変わったのです。
特に手相を習い始めると変化が出やすくなる線は太陽線と向上線です。


太陽線は、薬指の下から手首方面に向かう縦の線です。名声や成功、金運、人気運を表します。有形、無形の財産をあらわします。太陽は自ら光輝きます、ご自身の精神的な活力、心の明るさ、喜びを感じる力がみなぎってくると線が現れてきます。また、周りの方々にも光を照らし分かち合う力を持ちます。
向上線は、生命線から人差し指に向かって伸びる線です。いつも自分を高めていこうとする向上心の強い方に現れる線で、希望の実現や出世という意味もあります。
気持ちや体調、環境によって劇的に変わることもある手相ですが、手を動かすことやご自身の爪等で線をなぞりマッサージすることで願う線が現れやすくなります。

2018年もあと少し、新年に向けて運気を上げて行きましょう!
ご自身の手に、どのような線が出ているのか観てみませんか?
11/10(土)、11/11(日)神戸山手大学「諏訪山祭」、11/17(土)11/18(日)神戸松蔭女子学院大学「松蔭祭」で手相鑑定会を実施しています。ぜひお越しください。

記:玉木 仁邦