著名占術家もハズした?占い

皆さんは高島嘉右衛門と言う占術家はご存知ですか?明治期の実業家で横浜開港および発展の第一人者であり、加えて易経による占いの「高島易断」の創始者でもあります。その高島嘉右衛門の易占は的中率が高く、伊藤博文の暗殺を事前に的中させた話は有名です。
そんな高島嘉右衛門がハズしたのではないか?と言われる占いが有ります。明治19年(1886年)に日本政府がフランスに発注した当時としては最新鋭の軍艦「畝傍(うねび)」が日本に到着する前に、こつ然として180人の乗組員と共に海上から消え、連絡が途絶えてしまいました。その際に軍部関係者が高島嘉右衛門のもとを訪れ行方を占ったそうです。その際、地水師の四爻を得たそうで、爻辞に「師、左次す。咎なし」と有り、師は軍艦、左次すとは退却、咎なしは問題ないと捉え、たまたま艦船内にトラブルがあり、どこかの港で一時休航していると易断しました。ところが、待てど暮らせど「畝傍」は現れず、政府は沈没したと声明を発表。フランスの保険会社から多額の保険金を得ることにしたそうです。未だに「畝傍」行方不明の事件の真相は不明のままですが、現在では南洋を航行してたいた事から台風による遭難が有力です。ちなみに後日、高島嘉右衛門は占った時は畝傍は健在だった。その後の動きについては占っていないので分らずと語ったとの事。結局、軍艦自体も未だ行方知れず、高島嘉右衛門も鬼籍に入り、真相は永遠に闇の中ですね。

記:谷口 尚煕

 

時代は流れ、易経も意味が変わる。

以前にも易経の文章において解釈が大変難しい事に触れたことがありますが、先日、江戸時代中期の儒学者である新井白蛾がまとめた易経の本を読みました。そこには、易経の解釈を無視した独自の解釈が多数書かれていました。
例えば、「地雷復(ちらいふく)」。
教科書通りの解釈ですと、元に戻るや再スタートなどの意味で扱いますが、新井白蛾の場合、陰と陽の形から「地を掘って宝を得る象」と述べています。
また、「山天大畜(さんてんたいちく)」の場合は、通常ですと大いに蓄え、しかるべき時に進め。つまり充電を重ねたうえで物事を成し遂げよとの意味ですが、新井白蛾の場合は「金、岩中に有る象」と金脈の存在を指し示す内容となっています。江戸時代ですと、このような解釈が人々に受け入れやすかったのでしょう。
易経の知る上での大事なキーワードに「変易(へんえき)」と言うものがあります。これは、易たるものは常に変化を続けていると言う事です。今、巷に溢れている易経の本は、古人が研究を重ね当時としては最高の解釈が添えられた内容となっています。しかし、インターネットなど情報通信が発達した現代では、時代にそぐわない考え方も多数混じっています。今を生きる私たちは、正に現代に合った易経の解釈を見出すタイミングに来ているのかもしれません。それが易経の変易の意味を成し、古人の残した易経をキチンとした形で後世に伝える事になるのかと思います。

記:谷口 尚煕

八月の運勢

誕生月別 易占から観る八月の運勢

一月生まれ
順調運の時です。
自分の仕事に責任を持ちましょう。
時には創意工夫も必要です。

二月生まれ
良好運の時です。
最後の踏ん張り時です。
思わぬ成果が得られるでしょう。

三月生まれ
暗闇で手探り状態です。
精神面を強化して天の時を待ちましょう。
明けない夜はありません。

四月生まれ
節目の時です。
限度は超えないようにしましょう。
余裕をもって行動して下さい。

五月生まれ
低迷運の時です。
信頼のおける人に相談して下さい。
問題解決のヒントがもらえるでしょう。

六月生まれ
上昇運の時です。
新規事業に吉です。
思い通りに物事は進むでしょう。

七月生まれ
停滞運の時です。
見えない壁に阻まれています。
今しばらくゆっくりして下さい。

八月生まれ
平常運の時です。
体のバランスを考えて食事をとりましょう。
「運は食にあり」です。

九月生まれ
変化の時です。
一石投じてみましょう。
新しい発見があるかもしれませんよ!

十月生まれ
不動の時です。
判断の変更はしないで下さい。
最後に笑うのは貴方です。

十一月生まれ
結果の出る時です。
波風も自然に収まりそうです。
次に繋がるよう心がけましょう。

十二月生まれ
慎重運の時です。
段取りを確認して下さい。
見落としがあるかもしれません。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

七月の運勢

誕生月別 易占から観る七月の運勢
20200701

一月生まれ
積極策でいきましょう。
インパクトが大事です。
さりげない気配りを忘れずに。

二月生まれ
自重運の時です。
どっしり構えて時機を待ちましょう。
恵みの雨はもうすぐです。

三月生まれ
慎重運の時です。
気持ちが不安定になりがちです。
すっきりした香りがお勧めです。

四月生まれ
停滞運の時です。
新規事業は控えて下さい。
無理をせず現状維持に努めましょう。

五月生まれ
上昇運の時です。
グループ作業に向いています。
「三人寄れば文殊の知恵」です。

六月生まれ
良好運の時です。
周りを信頼して協力を求めて下さい。
いい成果が期待できるでしょう。

七月生まれ
衰運気の時です。
進むに進めない状態です。
表立った行動は控えて下さい。

八月生まれ
順調運の時です。
目的をきちんと定めて下さい。
自分の立ち位置をしっかり把握しましょう。

九月生まれ
好調運の時です。
努力がやっと実を結びます。
但し気の緩みに注意して下さい。

十月生まれ
安定運の時です。
人の意見はよく聞きましょう。
情報を整理しスリム化を図って下さい。

十一月生まれ
盛運の時です。
女性は夢が叶い大吉です。
ここぞという時は太っ腹でいきましょう。

十二月生まれ
隆盛運の時です。
ほしいものが手に入ります。
交流サイトでヒントを得ましょう。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

後醍醐天皇は易経好き?

学校で日本史を学ぶと、必ずと言って良いほど紹介される天皇に後醍醐天皇が挙がりますね。鎌倉幕府から政権を奪還し建武の親政を執り行った天皇です。この後醍醐天皇が易経について非常に関心を持っていたことが、様々な文献からうかがい知れます。
例えば元号です。後醍醐天皇が在位時代に1321年〜1324年の間の元号を「元亨」としました。易経六十四卦の1番目「乾為天」の卦辞、元亨利貞から取ったと思われます。元亨→おおいにとおる=願いは叶う。まさに政治への取り組みに対する意気込みが感じられますね。
また、「太平記」には、後醍醐天皇が隠岐の島に流され鎌倉幕府の討伐の折に京へ戻るべきかどうかを易占したとの表記が有ります。その際に、得た六十四卦は地水師の上爻だったそうです。「大君命あり。国を開き家をうく。小人もちうるなかれ。」師は戦い、上爻には戦いに勝ち、国を開くと有るので後醍醐天皇は京に戻る事を決めたそうです。ただ、建武の親政は3年ほどで終了し足利尊氏が室町幕府を開きます。地水師の上爻を変じると山水蒙となり、蒙は見通しが立たなくなる意味で上爻には敵を作らないようにすべきとの心得が語られています。この時代、易占の爻を変じるまではしなかったようで、もし爻を変じて先の見通しを立てていれば歴史は変わっていたかもしれませんね。

記:谷口 尚熙

20200620

 

六月の運勢

誕生月別 易占から観る六月の運勢

一月生まれ
上昇運の時です。
仕事上の昇進も期待できます。
結婚は良縁です。

二月生まれ
良好運の時です。
バランスのいい食を心がけて下さい。
開運につながるでしょう。

三月生まれ
停滞運の時です。
勘違いの行動に気を付けましょう。
自分の力量をきちんと把握して下さい。

四月生まれ
好調運の時です。
異性と交際が始まるでしょう。
どんな人かよく見定めて下さい。

五月生まれ
低迷運の時です。
一難去ってまた一難です。
強い信念で耐えて下さい。

六月生まれ
慎重運の時です。
人の世話で苦労しそうです。
計画を立てて行動しましょう。

七月生まれ
盛運の時です。
色々な人が集まって来るでしょう。
金銭的にも恵まれます。

八月生まれ
順調運の時です。
周りの状況をよく観察してください。
新しい発見があるでしょう。

九月生まれ
衰運気の時です。
決まり事を遵守しましょう。
礼を怠らないようにして下さい。

十月生まれ
衰退運の時です。
何事も思い通りにいきません。
出費が多くなるでしょう。

十一月生まれ
気持ちの切り替えが必要です。
視点を少し変えてみて下さい。
華やかな装いが注目されるでしょう。

十二月生まれ
協調運の時です。
人と和合して吉です。
言葉使いには気を付けましょう。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

易経六十四卦の解釈は無限

皆さんは易経の関連図書は読まれたことありますか?
易経の本は世界各国で出版され、日本でもあらゆる著者の物が出版されています。私も多数所持していますが、一つ問題があります。
それは、文章の解釈が人によって違うのです。
この卦は、古来良い結論とされているのに、著者によってはイマイチなど様々です。しかし、これは今に始まったことではなく昔からその傾向はありました。
解釈に関する有名な逸話があります。
孔子の弟子が遠国に赴き、帰りが遅いので易占を立てたところ、火風鼎の四爻を得たそうです。その際に大方の弟子たちは易経に書かれている「鼎、足を折る」から帰途の手段が得られずに難儀していると捉えていたそうです。しかし、弟子の一人である顔回が船に乗って間もなく帰ってくると答えたそうです。火は師匠、風は船。船が師匠に向かって進んでいる事を示しているのが、この火風鼎と捉え実際に船に乗って帰って来たそうです。
このように易経は文字で結論は提示されているのですが、一つの解釈に凝り固まると本質からかけ離れてしまうのも易経の難しいところ。今は、様々な考え方を学び柔軟なイマジネーションを鍛え、易経に向かう日々を積み重ねています。

記:谷口 尚熙

 

五月の運勢

誕生月別 易占から観る五月の運勢

一月生まれ
順調運の時です。
渋滞が解消されようとしています。
計画は滞りなく進むでしょう。

二月生まれ
盛運の時です。
物事が完成へと近づいています。
油断大敵、今が正念場です。

三月生まれ
慎重運の時です。
気持ちは少々焦り気味です。
あえてゆったりと取り組んで下さい。

四月生まれ
衰運気の時です。
耳障りのいい言葉に気を付けて下さい。
何事も信用第一です。

五月生まれ
目には青葉!心地よい風が吹いています。
固執しないで柔軟に対処して下さい。
良いアイディアが浮かぶでしょう。

六月生まれ
低迷運の時です。
迷路の中にいる状態です。
今は地に足を付け踏ん張って下さい。

七月生まれ
一石投じられました。
立ち止まって反省して下さい。
悩みは徐々に解決するでしょう。

八月生まれ
良好運の時です。
物心ともに恵まれます。
秘訣は先手必勝です。

九月生まれ
停滞運の時です。
物事がスムーズに進みません。
一歩下がって静観してください。

十月生まれ
トラブルに遭いそうです。
身の丈に合った行動を心がけて下さい。
話し合うことが大事です。

十一月生まれ
上昇運の時です。
積極的に進んで吉です。
高い評価が得られるでしょう。

十二月生まれ
人間関係が良好な時です。
調和を図ることで人脈も広がるでしょう。
情報は共有して下さい。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

四月の運勢

誕生月別 易占から観る四月の運勢

一月生まれ

慎重運の時です。
物事を大局的にとらえましょう。
見る目を養うことが大事です。

二月生まれ
好調運の時です。
新たな目標を持って下さい。
やる気に満ち溢れることでしょう。

三月生まれ
協調運の時です。
一致団結して乗り越えましょう。
きっと大きな成果につながります。

四月生まれ
平常運の時です。
無理をしないよう心掛けて下さい。
初心を忘れることなく!

五月生まれ
自然体でいきましょう。
問題は自ずと解決します。
無心になることが大切です。

六月生まれ
良好運の時です。
計画が最終段階に入りました。
無駄な行動には気を付けて下さい。

七月生まれ
変化の時です。
古い考えから脱却して下さい。
新年度は新しい体制で臨みましょう。

八月生まれ
日々精進して下さい。
受容的な態度が好まれます。
西南方向にツキがあるでしょう。

九月生まれ
霧がかかった状態です。
無理は禁物です。
焦らず現状維持に努めましょう。

十月生まれ
陰から陽に変化しようとしています。
いつでも終わり方が肝心です。
最後の詰めが甘くならないよう気を付けて下さい。

十一月生まれ
衰運気の時です。
不平不満は慎みましょう。
今あることに誠心誠意尽くして下さい。

十二月生まれ
盛運の時です。
新しいことにチャレンジして下さい。
周りから支持が得られるでしょう。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

三月の運勢

誕生月別 易占から観る三月の運勢

一月生まれ
好調運の時です。
人間関係がスムーズに進みます。
誠意をもって行動しましょう。

二月生まれ
自重運の時です。
自分の役割をしっかり把握して下さい。
わき目もふらずひたすら専念することです。

三月生まれ
自信過剰になっていませんか?
調子がいいからといって油断してはいけません。
冷静さを心がけましょう。

四月生まれ
盛運の時です。
身近に有望な人材が潜んでいます。
あなたの力強い戦力になるでしょう。

五月生まれ
低迷運の時です。
八方塞がりになりそうです。
正しい状況判断が肝要です。

六月生まれ
好調運の時です。
家庭円満が鍵となります。
柔軟な姿勢を忘れずに!

七月生まれ
成り行きに任せましょう。
問題は自ずと収束します。
我欲に囚われないことが大切です。

八月生まれ
上昇運の時です。
万事順調、希望に満ち溢れています。
チャレンジするには最適です。

九月生まれ
衰運気の時です。
一時的なものに惑わされないで下さい。
後々を見据えて行動しましょう。

十月生まれ
慎重運の時です。
勢いが強すぎて失速しそうです。
適度なブレーキを忘れずに!

十一月生まれ
現状維持の時です。
焦らずじっとチャンスを待って下さい。
終わったものは再びスタートするのです。

十二月生まれ
迷いやすい時です。
プレッシャーに押しつぶされそうになります。
女性には活躍の場が広がるでしょう。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂