2021年に手相の観点から開運を!

2020年は新型コロナ騒動に伴い4月緊急事態宣言などがあり、経済や私たちの生活に至るまで大きな影響を及ぼしました。一時は落ち着きを見せていましたが、年末から年明けにかけ感染者数が急増し、1月7日には東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に緊急事態宣言が再発令されました。今後、ワクチンの接種など収束に向けての方向性もみえますが、まだまだと長期戦の様相を呈しています
今年の干支は「辛丑」です。昨年の「庚子」年に起こった問題や更新を必要とする物事が、変革を伴い改まる年でもあり、まだまだ先の見通しがつかない年でもあります。
手相の観点から、ラッキーな線を観てみましょう。

【今年の大吉相線・手形】

① 二重感情線がある
理性的で冷静な判断力があります。
どんな困難も乗り越えるタフな精神力がある方です。

② 反抗線がある
感情線の下に平行に出ている線、正義感が強く情熱があり、自身の信念を貫く姿勢が強い方に表れます。
また、枠に縛られずに行動を起こすことが出来ます。

③ 向上線がある
生命線から人差し指に向かって伸びる線、希望の実現や出世などを表す幸運の意味があります。

④ 指先がヘラ型である
ヘラ型と呼ばれ、第一関節よりも指先のほうが広い形が特徴、個性的で冒険心があります。
常に創意工夫し、新しいことにチャレンジするタイプです。

以上のいずれかに該当する線や手形をお持ちの方は、今までの努力が実を結ぶラッキーな年となります。手に現れる線やマークは、日々変化しています。

また、三奇線やソロモン環、スター、フィッシュ線等の吉相線は、今年におきましても当然ラッキーな線となります。
年の初めに手相から開運してみてはいかかがでしょうか。

記:玉木 仁邦

 

冬至占

明日、12月21日は冬至ですね。冬至は12月21日か22日のいずれかになり、今年は21日です。
その冬至に占う「冬至占」はご存知ですか?
今後1年間を占う時期として様々なものが有り、一般の方々は新年年明けの御神籤が1年間の占いとして捉える事が多いのではないでしょうか?四柱推命だと春夏秋冬の概念から立春の2月4日を起点と考えます。冬至占とは、正に冬至の日に今後1年間を占うもので、易占を用います。冬至の日は最も昼間が短い日となり、陰陽思想では陰が最も満ちた日です。そして、それを境に陽の気が増え始め,これが一陽来復の由縁となるわけです。また、冬至の12月は子の月で十二支のトップで旧から新への切り替わりにもなり、古代ではこの冬至の日を1年のスタートとしていました。この陰陽思想を反映した易占が、冬至の日に占うにはピッタリですね。
今年は柚子湯に入って無病息災を願い、易占で来年の運勢を調べてみたらどうでしょうか?

記:谷口 尚煕

 

生命線と頭脳線の起点についての解釈

今回は、生命線と頭脳線の起点に注目してみましょう。

①頭脳線と生命線の起点が付いている

思考力と行動力のバランスが良く、適度な慎重さがあります。
常識的で人当りもよく、協調性があります。
明るくまじめで人当りがよい方です。

②頭脳線と生命線が離れている

命令や束縛を嫌い、自由を好みます。
決断力があり積極的に行動し、人に頼らず自分で運を切り開いていくタイプです。
特に女性では実力を必要とする女優、歌手、デザイナーなどで成功する方も多いです。

③頭脳線と生命線の重なりが長い

とても慎重派で理性的な判断をします。とことん考えてから行動します。
地道にこつこつ努力を積み重ねていきます。
石橋を叩いても渡らないタイプです、目の前のチャンスを逃す場合もあります。

④頭脳線が生命線よりかなり離れて起点がある

頭の回転が速く、普通の人が思いつかないようなアイディアや発想力があります。
研究職、発明家タイプです。
ただ、慎重さに欠ける面があります。

生命力や愛情などを表す生命線と物の見方や傾向、才能、仕事の適正などを表す頭脳線との組み合わせで傾向が出ます。

皆様の手相はいかがでしたでしょうか?
それぞれの特性を強みとし運を伸ばしてください。

記:玉木 仁邦

 

喜怒哀楽で体調が分かる??

私が担当している占い講座を管理するカルチャースクールで、先月から「お灸講座」がスタートしました。お灸は東洋医学で、四柱推命なども関連する陰陽五行をベースにしていますので私も受講生として、その講座に参加しました。お灸は様々なツボを刺激して体質を改善するもので講座中においても実際に自分のツボにお灸を載せ、煙が立ち上る中で話を聞くシュールな展開になっています。笑
先日の講座で配布された資料で、陰陽五行を様々な事項に分類した一覧表を頂きました。その中で「五臓(ごぞう)」と「五志(ごし)」の関連性について、非常に興味を持ちました。

五行の木火土金水を人体の臓器に分類すると、

木→肝臓、火→心臓、土→脾臓、金→肺、水→腎臓

となります。これが五臓です。

人間の感情を分類すると、

木→怒、火→喜、土→思、金→憂、水→驚

となり、これを五志と言います。

東洋医学では、五行それぞれが関係性を持つ考えがベースとなっていて

木→肝臓が弱いと怒りっぽくなる。
火→心臓が弱いとよく笑う。
土→脾臓が弱いと思い込みやすい。
金→肺が弱いと憂い悲しみやすい。
水→腎臓が弱いと驚き恐れを感じやすい。

と捉えられています。

例えば、非常に驚くと失禁すると言いますが、この関連性にハマっていますね。

皆さんはどの感情が強く出やすいですか?
その感情から、自分の健康を見直すきっかけになるかもしれませんね。

記:谷口 尚煕

 

十一月の運勢

誕生月別 易占から観る十一月の運勢

一月生まれ

変化の多い時です。
周りに惑わされず冷静に対処して下さい。
同じミスには気を付けましょう。

二月生まれ
好調運の時です。
周囲と調和を図りましょう。
交渉事はスムーズに進みます。

三月生まれ
停滞運の時です。
頑張りのわりに成果が上がりません。
無理をせず現状維持に努めて下さい。

四月生まれ
自重運の時です。
「過ぎたるは及ばざるが如し」
中庸を心がけましょう。

五月生まれ
衰運気の時です。
予測不可能な出来事に遭いそうです。
慎重に行動して下さい。

六月生まれ
決断の時です。
長引かせずに結論を出しましょう。
正しい気持ちで臨んで下さい。

七月生まれ
問題解決の時です。
即断即決が肝要です。
物事の本質を見極めて下さい。

八月生まれ
平常運の時です。
じっくり構えて下さい。
一つのことを確実にやり遂げましょう。

九月生まれ
良好運の時です。
裏方でしっかり支えて下さい。
広い視野で物事が見えてくるでしょう。

十月生まれ
低迷運の時です。
出る杭は打たれます。
今は控えめくらいが調度いいでしょう。

十一月生まれ
上昇運の時です。
協力し合うことが成功への秘訣です。
信頼関係を大切にしましょう。

十二月生まれ
停滞が解消されました。
物事はどんどん前に進みます。
換気をして新しい風を入れましょう。

記:松田有央

写真:赤石光穂

ご飯は、なぜ左側?

秋も半ばとなり、一年の中で最もお米の美味しい時期ですね。
食欲の秋と相まって御飯党の私にとっては、この新米の時期は毎年体重増加との闘いです。笑

ところで、御飯を配膳する際に自分側から向かって左に置きますね?
この理由はご存知ですか?
この背景には陰陽説が関係しています。
古来より陰陽の捉え方として、陽を陰より格上に扱ってきました。
そうなると左右を陰と陽に分けた場合どうなるか?

答えは左が陽、右が陰の扱いとなります。
一説には左は火に通じ、右は水に通じ火は陽で水は陰との考えから決まったと言われます。
(※個人的にこの説は少し疑問です)
結果、着物を着るときには襟を右奥左前で左側を一番上に重ね最上として着ます。
大臣でも左大臣が格上です。

日本人にとって米は、食べ物として最も大切の物として扱われてきました。
天皇家では毎年収穫に感謝する新嘗祭も行いますし、江戸時代までは米の収穫量が権力を表すほど日本人と米との関係は歴史の中心に有ったと言っても過言ではありません。
配膳での左側に置く御飯。畏敬の念を示した習慣ですね。

記:谷口 尚熙

 

 

運命線

運命線とは、手の平の下部より中指に向かう縦の線です。仕事や環境の変化など、一生運の流れをみることができます。変化があったり切り返し等ある場合、転職や環境の変化があることを示している可能性が高いのです。その変化をいち早く読み取り、ご自身の運を開くチャンスとすることができるのです。起点が手首側となり、その位置により線の捉え方も変わってきます。

20201010 運命線の流れ

①手首からますっぐ中指に向かう。
人に頼らず、自分で道を切り開いていくタイプです。
独立心が強く目標に向かって努力し、自分の才能を発揮することができます。
②親指側より中指に向かう。
身内からの援助で運を開いていきます。
親の財産や仕事を受け継いたり、精神的な支えによって成功します。
③小指側(月丘)より中指に向かう。
周りの人に支持され運を伸ばしていく方です。
明るく人気があり、人の引き立てや援助を受けることが出来ます。

 

〈運命線の流年法〉20201010 運命線流年法
①手首のところが0歳
②手首と頭脳線の中間が20歳前後
③頭脳線と交わるところ30歳前後。
③感情線と交わるところが50歳前後。
④中指の付け根が90歳前後。

 

例えば下記の手の運命線20201010 例30歳で仕事の変化あり、すぐに線が立ち上がっていることから、昇進やスキルアップに伴う転職がある(あった)とみることが出来ます。また、50歳を過ぎてからの変化と、3本線が出ているのは、趣味も含め色々な事にチャレンジしていくことを表しています。

運命線は、薄い線や切れ切れの場合もあります。だから運気がわるいということではありません。人生の目標がはっきりしたり、社会との関わり方が強くなると線が濃くなる場合もあります。
ご自身の運命線はいかかがでしょうか?
一度チェックされてみては、いかがでしょうか?

記:玉木 仁邦

 

著名占術家もハズした?占い

皆さんは高島嘉右衛門と言う占術家はご存知ですか?明治期の実業家で横浜開港および発展の第一人者であり、加えて易経による占いの「高島易断」の創始者でもあります。その高島嘉右衛門の易占は的中率が高く、伊藤博文の暗殺を事前に的中させた話は有名です。
そんな高島嘉右衛門がハズしたのではないか?と言われる占いが有ります。明治19年(1886年)に日本政府がフランスに発注した当時としては最新鋭の軍艦「畝傍(うねび)」が日本に到着する前に、こつ然として180人の乗組員と共に海上から消え、連絡が途絶えてしまいました。その際に軍部関係者が高島嘉右衛門のもとを訪れ行方を占ったそうです。その際、地水師の四爻を得たそうで、爻辞に「師、左次す。咎なし」と有り、師は軍艦、左次すとは退却、咎なしは問題ないと捉え、たまたま艦船内にトラブルがあり、どこかの港で一時休航していると易断しました。ところが、待てど暮らせど「畝傍」は現れず、政府は沈没したと声明を発表。フランスの保険会社から多額の保険金を得ることにしたそうです。未だに「畝傍」行方不明の事件の真相は不明のままですが、現在では南洋を航行してたいた事から台風による遭難が有力です。ちなみに後日、高島嘉右衛門は占った時は畝傍は健在だった。その後の動きについては占っていないので分らずと語ったとの事。結局、軍艦自体も未だ行方知れず、高島嘉右衛門も鬼籍に入り、真相は永遠に闇の中ですね。

記:谷口 尚煕

 

時代は流れ、易経も意味が変わる。

以前にも易経の文章において解釈が大変難しい事に触れたことがありますが、先日、江戸時代中期の儒学者である新井白蛾がまとめた易経の本を読みました。そこには、易経の解釈を無視した独自の解釈が多数書かれていました。
例えば、「地雷復(ちらいふく)」。
教科書通りの解釈ですと、元に戻るや再スタートなどの意味で扱いますが、新井白蛾の場合、陰と陽の形から「地を掘って宝を得る象」と述べています。
また、「山天大畜(さんてんたいちく)」の場合は、通常ですと大いに蓄え、しかるべき時に進め。つまり充電を重ねたうえで物事を成し遂げよとの意味ですが、新井白蛾の場合は「金、岩中に有る象」と金脈の存在を指し示す内容となっています。江戸時代ですと、このような解釈が人々に受け入れやすかったのでしょう。
易経の知る上での大事なキーワードに「変易(へんえき)」と言うものがあります。これは、易たるものは常に変化を続けていると言う事です。今、巷に溢れている易経の本は、古人が研究を重ね当時としては最高の解釈が添えられた内容となっています。しかし、インターネットなど情報通信が発達した現代では、時代にそぐわない考え方も多数混じっています。今を生きる私たちは、正に現代に合った易経の解釈を見出すタイミングに来ているのかもしれません。それが易経の変易の意味を成し、古人の残した易経をキチンとした形で後世に伝える事になるのかと思います。

記:谷口 尚煕

土用灸

7 月19日から夏の土用期間に入りましたね。
五行である木火土金水のうち、木を春、火を夏、金を秋、水を冬そして、土用は春夏秋冬の季節の変わり目の接着剤期間で、年に4回あります。尚煕東洋占いはこの五行を重視します。
土用期間は、季節の変動が進むことで、身体がその変動に慣れないことから体調を崩したりすることも多いです。そのため夏の土用と言えば「丑の日」のウナギで滋養をつける事が有名ですね。ウナギは昔から高価だったので、庶民は安く済むお灸で土用期間を乗り切ったそうです。俳句の夏の季語にも「土用灸」と言う季語もありますし、夏目漱石も「土用にして灸を据うべき頭痛あり」と言う句を詠んでいます。人間の体には様々なツボ(経穴[けいけつ])が有り、WHO(世界保健機関)では治療効果として361個のツボを認めているそうです。ちなみにこのツボは五行に関連しています。東洋医学では、木は肝臓、火は心臓、土は脾臓、金は肺、水は腎臓が充てられており、不調部分が有れば1か所だけでなく五行の相関で施術を行います。
懐具合が芳しくないとお思いの方、今年はウナギでなくお灸で土用を乗り切ってみては?

記:谷口 尚熙