キセキの金メダル

平昌オリンピックから嬉しい便りが届いています。男子フィギュアスケートでは、絶対王者の肩書を持つ羽生結弦選手が見事金メダルを獲得、宇野昌磨選手とワンツーフィニッシュを飾り、日本中が歓喜で湧き上がりました。

羽生結弦 様 1994年12月7日生まれ
(12月の節入り日生まれのため、生まれ時間により変わってきます)

①12月7日17:23以前
年 甲戌(戊)印綬 傷官 養
月 乙亥(壬)偏印 正官 胎
日 丁卯(戊)   偏印 ビ

②12月7日17:23以降
年 甲戌(辛)印綬 偏財 養
月 丙子(壬)劫財 正官 絶
日 丁卯(甲)   印綬 ビ

空亡 戌亥

日干「丁」
陰の火、ロウソクに灯る炎であり、上品で控えめなイメージです。一見、物静かな印象ですが、人一倍負けず嫌いなタイプです。火は文明・文化・芸術とのご縁あり、また移ろう性状から、気が変わりやすい傾向があります。
中心星「正官」
品行方正でまじめなタイプ、面白味にはかけ融通がきかないとこともあります。
日の十二運「ビ」
攻めではなく守りに強いタイプ、先を重んじながら慎重に物事を進めます。おとなしく周囲への配慮ができる反面、神経質なところがあります。
年柱上「印綬」
先祖の守りであり、ピンチの時救いの手が差し伸べられる運をもっています。
日干「丁」の方にとって、今年「戊戌」年は「傷官 養」となります。傷官とは官に傷と書き、仕事や発言のトラブルには注意とされ、怪我や手術事などの健康面にも十分留意することです。一方、技芸を磨きボランティアに努めることに適し、攻めではなく守りに徹する時です。日支「卯」と年支「戌」は支合し傷官の意味を強めると共に、今年、来年と空亡となっています。本来であれば衰運期と捉え要注意の年となりますし、勝負事にも強いとは言えません。昨年末、公式の練習中に右足負傷したことも重なり大変心配される境遇でした。
四柱推命は読んで字のごとく命を推し測る占いです。天の時のみで観るのは浅はかであり、同時に地の利 (立場や実績、人物像など) 、人 (周囲からの応援や評価などの影響) を加味すると運は大きく動きます。
どんな時であろうと己を信じ全身全霊で臨む姿勢は逞しく、ショートプログラム、フリーとも果敢に挑んだ結果は見事オリンピック金メダル二連覇となる偉業を成し遂げたのです。宇野選手の銀メダル決定と同時に涙ぐんだ表情は更に嬉しそうで、胸を打つものがありました。
羽生選手、そしてメダルを極めたアスリートの皆様おめでとうございます。
そしてオリンピックという大舞台で活躍されたアスリートの皆様に敬意を表します。

記:越山真知央

 

 

日本の歌姫

N.A氏は、14歳の頃N市からデビュー以来、ポップ歌手、ダンスの第一任者として走り続け、昨年デビュー25周年を迎えました。今尚、色あせることない活躍の最中突然の引退宣言、平成30年9月長い歌手活動に終止符を打つ発表がなされました。


手相を観ますと、感情線は人差し指、中指の間にきれいな弧を描いて入ります。この様な方は、どのような方にも優しく人からの信頼も厚い方です。感情線と指までの間の広さ(面積)狭い方です。ここの部分の広さは、その人自身の許容度も表します。精神的な支柱は強く、理想は高く道を極める孤高の人でしょう。
生命線と頭脳線の起点部分の結びつきは長くじっくり考えてから行動するタイプです。また、生命線が短く考えまとまれば行動力は抜群です。(生命線の長さと寿命とは関係ありません)
頭脳線は二重頭脳線です。一方は月丘に向かって弧を描きながら下垂します。想像力に富みロマンチスト、文学や芸術面の才能に優れ、物やお金より精神性を重んじます。もう一方はその上部の途中から出ています。発想力がありセンスの良さがあります。
運命線は中央部より立ち上がります。人に頼らず自分で自分の道を切り開いていきます。頭脳線を超えた辺りまで勢いがよく、14歳で芸能界に入り35歳あたりまで全速力で駆け抜けてきた事が伺えます。ストレスや不調を表すような線は見当たりません。ご自身でやりきった自負が手相に表われています。
しかし、その溢れる才能が故に、すぐに復帰話も持ち上がることでしょう。しかし、現状の手相を観る限りでは、その可能性は低いと判断します。
若くして頂点を極めその才能を開花、これから第二の人生を踏まえ歩むこととなります。類い稀なる才能が活かされることを期待しています。

記:玉木仁邦

 

 

二月の運勢

誕生月別 易占から見る二月の運勢

9

一月生まれ

勢いに流されそうな時です。
今一度自重して下さい。
一呼吸置き暴走しないよう心掛けて下さい。

二月生まれ

思い通りには物事は進みません。
あなたの考えが否定されそうです。
計画の見直しをしましょう。

三月生まれ

トラブルは解決します。
断固とした態度で臨んで下さい。
専門家に相談するのもいいでしょう。

四月生まれ

何事も積み重ねが大事な時です。
焦らずゆっくりと基礎固めしましょう。
幾重にも厚みが増したものは容易にはこわれません。

五月生まれ

控えめな態度が無難な時です。
やる気があっても今は力不足です。
次のチャンスに備えましょう。

六月生まれ

共同作業にはいい時です。
たくさんの人と出会いがあります。
人を見定める目を養いましょう。

七月生まれ

追い風に乗っています。
やり過ぎには十分注意して下さい。
一人空回りすることの無いように!

八月生まれ

上昇運の兆しがあります。
新しいことに挑戦するのもいいでしょう。
時期を間違えて乗り遅れないようにして下さい。

九月生まれ

心の洗濯の時です。
損得勘定なしに行動してみませんか?
ちょっとしたことが次につながります。

十月生まれ

盛運に恵まれます。
一足飛びではなく徐々にやってきます。
希望が叶うのも近いでしょう。

十一月生まれ

太陽が燦々とあなたに降り注いでいます。
あなたの実力がまわりに認められる時です。
自分の力を信じて下さい。

十二月生まれ

いつも通りなのに何かが違う時です。
立ち止まって反省しましょう。
軌道修正が必要かもしれません。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

 

2018年「戊戌」年を占う

繁茂十干「戊」、十二支「戌」ともに五行では陽の土、繁茂の茂と同意語にあたり、樹木が生い茂った状態を表しています。勢いよく伸び行く枝葉があれば、日光が遮られ風通しも滞った部分もあり、そこには虫が発生しやすく梢が枯れたり根が上がったり、根源の傷みを放置すれば全てが腐敗することになり兼ねません。朽ち果てることのないよう思い切って剪定する時、それが「戊戌(つちのえいぬ)」年となります。
現状を照らし合わせてみると、色々な事が思い描かれるのではないでしょうか。
自然災害は、年々増加の一途を辿っています。そして世界に目を向けてみれば、各国間の不協和音、特にアメリカと北朝鮮の関係は冷え込みを増す一方となり、一触即発の状況となっています。日本国内も難題を多く抱え、今後の方針によっては今まで経験したことのない情勢を招く懸念があります。これまで蓄積された物事が一気に爆発するような出来事が勃発し、世の中は急速に移り変わっていきます。
まさに「国難激震の年」となるでしょう。
本来なら当たる占いを期待したいところですが、今年ほど外れて欲しいと思うことはないかもしれません。

記:越山真知央

 

 

たなごころとお正月

お正月も10日が経ちました。いかがお過ごしでしょうか。
明日は鏡開き(関西では小正月の15日)、お正月に歳神様を迎えお見送りする日です。歳神様に1年の安全と無病息災をお願いしました。皆様においても一年の計画と希望を持たれていることと思います。

以前、Facebook記事で「たなごころ」をご存じですか?と書いたことがあります。手の心と書いて「たなごころ」とは、漢字で表記すれば「掌」となります。手相とは、手や指の大きさ、形、硬軟、手のひらに刻まれた線の様子などをいい、これによって、性格や過去、未来など読み取るための技術、ないし理論を「手相術」あるいは「手相学」といいます。
20180110①手のひらに刻まれた線を掌線(しょうせん)といいます。掌線には、三大重要線に「感情線」「頭脳線」「生命線」があります。手相「たなごころ線」と書いて、即ち掌線、三大重要線を含め約23線の意味する線があります。手の中心となる線、手の心の線です。手の線上が切れ切れ、ないしは×点があれば、マイナスの運気が示されます。
その線の持つ気の流れが滞るからです。
例えば財運線に×点が現れたなら予期せぬ出費などが予想されます。
20180110②
逆に太陽線がくっきりはっきり強く現れてくると、素敵な出会いのチャンスが訪れたり、思わぬ金運が巡ってきたりします。
20180110③手相は、貴方の暮らし方、考え方で変化していくものなのです。
年の初め、今一度ご自身の「掌」をみてみると、自身を活かすヒントを見つけられ幸運を呼び込む良い一年に出来ると思います。

記:玉木仁邦

 

一月の運勢

誕生月別 易占から見る一月の運勢

B

一月生まれ

油断しないで下さい。
築き上げたものが足元から崩れそうです。
独りよがりにならないよう気を付けましょう。

二月生まれ

安定している運気です。
周りと親睦を図れるでしょう。
希望は叶います。吉です。

三月生まれ

待ちに待った時がやってきました。
今すぐ行動に移して下さい。
先行きがとても明るいです。

四月生まれ

流れに任せた方が良い時です。
意地を張らず柔軟な態度が好感を呼びます。
「長いものには巻かれろ」です。

五月生まれ

精神面が充実する時です。
金銭面はあまり期待できません。
年の初め神仏に手を合わせましょう。

六月生まれ

伸び悩んでいます。
無理はしないことです。
欲に目がくらみそうになりますが我慢の時です。

七月生まれ

思うように物事が通らない時です。
意見に隔たりがあります。
少し時間を置いた方が良いでしょう。

八月生まれ

悩みが解決する時です。
障害が取り除かれようとしています。
慎重な態度で臨んで下さい。

九月生まれ

新しい出発の時です。
運気は好調でスムーズに進みます。
新しいことに挑戦してみましょう。

十月生まれ

運気は慎重運です。
勘違いには気を付けて下さい。
部下からの協力は素直に受けましょう。

十一月生まれ

気分は早春で上昇運の時です。
再チャレンジには大変よろしいです。
復習、予習は念入りにして下さい。

十二月生まれ

コツコツ積み重ねることが大事です。
その結果心強い協力者が現れるでしょう。
明るい未来が待っています。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

 

干支

今年もあと僅か、テレビからは「来年の干支は…」と聞こえてくる頃です。「戌」年と聞こえてきそうですが、正確には「戊戌(つちのえいぬ)」年です。干支とは十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)で構成され60種類あります。

甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸
子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉

甲 乙 丙 丁 戊    己 庚 辛 壬 癸
戌 亥 子 丑 寅    卯 辰 巳 午 未

甲 乙 丙 丁 戊    己 庚 辛 壬 癸
申 酉 戌 亥 子 丑 寅 卯    辰 巳

甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸
午 未 申 酉 戌 亥 子 丑 寅 卯

甲 乙 丙 丁 戊    己 庚 辛 壬 癸
辰 巳 午 未 申    酉 戌 亥 子 丑

甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸
寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥

上の表をみれば、今年が「丁酉」であり、来年「戊戌」であることがわかりやすいと思います。
ちなみに歴史や名称にも、干支が刻まれています。
甲子園
1924年(大正13)は「甲子(きのえね)」年、十干十二支の最初の組み合わせである縁起が良い年
ということから甲子園球場と命名。
戊辰戦争
1868年、明治維新に起こった、倒幕派と幕府派による内戦。
壬申の乱
672年、天智天皇崩御後、皇位継承をめぐって皇族や豪族が争った内乱。
壬辰・丁酉倭乱
1592年、1597年の二度にわたり、豊臣秀吉が仕掛けた朝鮮侵略戦争。文禄・慶長の役。
辛亥革命
1911年、中国で勃発した革命。

また時代は違っても、干支によって現象面が似通う傾向が出てくるのが不思議です。
今年の流れの延長線になる「戊戌」年はどのような年になるのでしょう。
記:越山真知央

 

国宝の手相

先月、京都国立博物館開館120周年記念特別展覧会国宝に行って来ました。
伝源頼朝像の肖像画や陶磁の油滴天目など国宝が一度に展示され、日本の悠久の歴史とたくみの技に接する事ができました。なかでも国宝「後鳥羽天皇宸翰御手印置文」の手形朱印があり、手相に関わる者としましては感慨深いものがありました。後鳥羽天皇は、承久の乱の戦いに敗れた末、壱岐に島流しに遭いました。公家と武士との権力闘争に敗れ、それから18年死期を悟った天皇により部下の長年の奉公に感謝して書かれたものです。「宸翰(しんかん)」というのは天皇の直筆の書の事で、置文は領地の配分や相続人などを記す現代でいうところの遺言書です。その効力を発揮すべく朱印が押印されています。お隣の見学者から大きな力強い手との話声が聞こえてきましたが、私は華奢で繊細な手にみえました。


手形は尖塔型と四角型の混合型です。繊細で直観力に優れ理想が高くデリケートです。また四角型の要素として几帳面で責任感の強い方です。掌線ははっきり見えないのですが、右手は感情線頭脳線を伴う変形ますかけ線で、人生のアップダウンを表し波乱万丈さを物語っています。冷静沈着さを表す長めの感情線、想像力に優れ物やお金より精神性を重んじ大きく下垂する頭脳線であります。一方、左手の頭脳線は上部方面に直線的に伸び、スマートで仕事の処理能力が高かったことがわかります。また財運線が強くでています。右手、左手とも数本の放縦線(月丘の横線)があり、当時体調が思わしくなかったことをうかがい知ることができます。この置文を記した13日後1239年3月、60歳にして壱岐で崩御されました。
画像は778年前の自筆の手紙です。その書、手形印から発するエネルギーは時代を超え、さらに多くの人々を惹きつけることでしょう。

記:玉木仁邦

 

十二月の運勢

誕生月別易占から見る十二月の運勢

C

一月生まれ

金運は安定していますが、衝動買いには要注意!
現状維持に努めた方がいい時です。
まず倹約を心がけ、これからの資産計画を立ててみませんか。

二月生まれ

すべてにおいて好調運です。
思い通りにことが成就するでしょう。
ただし、くれぐれもやり過ぎには気を付けて下さい。

三月生まれ

自分のポジションや特性を今一度確認して下さい。
あなたはとても大事な核の一つとなれます。
特に女性の力が発揮される時、チャンスは掴みましょう。

四月生まれ

時期尚早な判断でタイミングを逸してしまいそうです。
今は焦せらずじっくりと待って下さい。
必ず雨は上がり日が差して来るもの、チャンスに備える時期と捉えましょう。

五月生まれ

心に迷いが生じやすく、何かと不安定になりがちです。
早とちりして風を読み違えないこと、特に思い込みには要注意です。
常に冷静さを心掛け、何かあれば信頼できる方に助言を求めましょう。

六月生まれ

衰運期の時です。
焦りは禁物、覚悟を決めてどっしり構えましょう。
大丈夫、今ある経験は未来に役立てられますよ。

七月生まれ

一歩下がるくらい控えめな態度が好感を呼びます。
言葉を意識して相手を立てれば、ますます評価も上がります。
今は焦らず、コツコツゆっくりやりましょう。

八月生まれ

思い付きのスタートではなく、予め計画を立ててみましょう。
浮かれ気分で始めると足元をすくわれますよ。
「備えあれば憂いなし」と心に留め、実りある年末になりますように。

九月生まれ

目上の引き立てを受け、チャンスに恵まれる時です。
誠意を大切に、常に謙虚な態度を心掛けて下さい。
文明・文化にもご縁あり、取り入れれば一層魅力的に輝けますよ。

十月生まれ

些細なことから誤解が生じやすくなります。
意地の張り合いはやめましょう。
もやもやした気持ちを引きずらず、早めにお互い歩み寄ることが大事です。

十一月生まれ

無理難題を突き付けられそうです。
今はじっと辛抱の時、無駄な抵抗はやめましょう。
心に余裕を持ち、時の過ぎ去るのを待つことです。

十二月生まれ

なかなか思い通りに事が運ばず、身動きが取りにくい時です。
無理をすると自分を追い込むことになりますよ。
我欲は捨て見返りを求めない精神こそが、難を逃れるポイントとなります。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂

 

 

三の酉

「三の酉の年まである年は火事が多い」という言い伝えがあります。
11月に酉の日が3回ある年のことで、今年は一の酉11月6日(月)、二の酉11月18日(土)、三の酉11月30日(木)と該当します。三の酉(11月の末)辺りになると、寒さゆえ暖を求め火を使う機会が多くなることから、注意を促す意味もあるのですが、遡ること1657年に江戸の大半が焼失したとされる「明暦の大火」が由来との説もあります。
江戸時代末期~明治初期の町名主・斎藤月岑が著した「武江年表(ぶこうねんぴょう)」には、明暦三年は元日、4日、5日と火事が続き、1月18日には「乾大風未刻より本郷五丁目浦本妙寺より出火」の記述に始まり、被害については「焼萬石以上の御屋敷五百餘宇、御旗本七百七十餘宇、但し粗屋敷數をしらず、堂社三百五十餘宇、町屋四百町、片町八百町、焼死十萬七百四十六人といへり」と記されています。奇しくも明暦三年の干支は、今年と同じ「丁酉」であり、同じく三の酉の年でした。
現在は江戸時代とは違い、電気等の普及により安全に暖をとることができる時代です。しかし、電気コードの劣化や埃が付着したコンセントが原因となる火災も多く、ヒーターから注ぐ熱による引火も懸念されています。空気が乾燥し火事も起きやすい季節、火の取り扱いには十分気を付けましょう。

記:越山真知央

写真:赤石光穂