神戸松蔭女子学院大学の学園祭「松蔭祭」での手相鑑定会 報告

11月16、17日、神戸松蔭女子学院大学「松陰祭」が開催されました。穏やかな陽気に包まれ、若いエネルギーが行き交う中、手相鑑定会にも多くの方が来られ、両日とも138名、計276名の手相鑑定をすることができました。なお、鑑定料は、公益財団法人 神戸新聞厚生事業団を通し「台風義援金」として寄付されます。ご来場、ご協力ありがとうございました。
鑑定報告をいたします。

19歳女性。一番に目についたのが、両手にくっきりとある「神秘十字」です。思わず「守られていますね」言いますと、目を輝かせ「わかる!そうなんです。へぇ~、やっぱり」と納得されていました。手のひらのお守り「神秘十字」、こんなに若い方でも守られている感じがわかるのですね。

峯山 清州

 

19歳女性。「彼氏ができるでしょうか?」とのご相談です、感情線は短く、切り替えの早さがあります。頭脳線の先端は小指側上部方面に向かいます。金星環もしっかりあり、太陽線は細かく数本出ています。これは、異性からの人気が高まっていることを表します。結婚線の一部が下垂していることから、最近、男性との別れがあったようですが、「近々、素敵な彼との出会いがあります」とお話しいたしました。

玉木 仁邦

 

今回の鑑定では、非常に綺麗な金星環の線を持たれた方が、数多くいらっしゃいました。金星環とは中指と薬指下を囲む弓状の線で、巷では色気線などと呼ばれていますが、芸術的センスの優れた方に出るのが特徴です。20代後半の男性は、金星環に加え、月丘に向かい下垂する頭脳線でしたので、想像力が非常に豊かで、芸術的才能の持ち主で有ることをお伝えしました。実際にお仕事はデザインを専門にされているそうで、自信から確信に変わったと喜んでいらっしゃいました。

谷口 尚熙

 

20代女性。生命線の下の方に、しっかりとした長い旅行線がでていました。「よく旅行に行かれますか」とお聞きしますと「はい、行きます。近いうちにまた母と一緒に行く予定です。できたら、短期で海外に語学留学したいと考えています」と答えられました。太陽線も財運線も長い線をお持ちです。ご主人も賛成してくれているようでした。語学を自分のスキルの一つとしていかしたい様です。周りの環境が整ったら行けたらいいですね、とお答えしました。

松田 有央

 

手相は感情線、頭脳線、生命線と三本の主要な線から観ていきます。今回は、感情線が鎖状で細く小さな線が目立つ方が多くみられました。お聞きすると、ファッションデザインや心理系のお勉強をされている方が多数でした。10代、20代前半は、繊細で感受性の鋭くなる年頃で、将来必要となる、創造性や感性や直感、細やかな配慮を養うのに適しています。また、いろんなことを考えすぎて迷いが多いとのことです。「持っている性格をプラスに考えることで、くよくよ悩んだりすることも少なくなりますよ」とお伝えすると、これから前向きに歩んで行くと仰っていました。

藤原 萠乃

 

年に一度のイベントでの鑑定に参加していつも感じることがひとつあります。開催される場所によりテーマがあるみたいに、同じことを聞かれることです。年齢、性別が違っても、知りたいことが同じなので、とても不思議な感覚になります。また、今回の鑑定で印象に残ったのは感情線で、中指下で止まる感情線の方を多く鑑定いたしました。行動力、実行力があり、物事をはっきりさせたいタイプです。長所を踏まえ短所をお伝えしてみると、とても反応が良かったのが印象的でした。天候のおかげもあり、晴れやかな笑顔でお話させていただき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

黒木 梨央

 

20代後半女性。今は広告関係の仕事ですが、ファッションに興味があり、これから服飾関係の学校に行こうかと迷っておられます。ステキに結んだマフラーが印象的でした。頭脳線が両手とも下垂し、クリエイティブなお仕事に向いています。芸術的なセンスを表す金星環もお持ちです。生命線と頭脳線の結び付きが離れ、行動的で群れないタイプです。運命線は感情線の上、50歳辺りまで延びています。希望の実現を表す向上線もありますので、迷わず進学をお勧めしました。「両方とも、時代を先取りする世界ですので、今のお仕事がきっと役に立ちますよ」と申し上げますと、目が輝いていました

柏木 啓伶

 

20代女性。手相全体の線は柔らかいのですが、左人差し指の付け根を囲むソロモン環がクッキリあります。強運の印で、困ったときに救いの手がスッとあったり、どうにか出来たり、ラッキーな線です。「あなたは運がいいですか?」とお尋ねすると「はい!」と笑顔で返事がありました。手相から観える個性を活かして、他の線もしっかりしてくるといいですね。

越山 真知央

 

写真:メンバーにて撮影