金星環

立春も過ぎ、これからは春の兆しがあらわれてきます。寒暖差激しく、季節のリズムが捉えにくい昨今ですが、体調はいかかがでしょうか?手相上に生命線を横切る雑線や、月丘に水平に横切る放縦線があるようでしたら、睡眠を充分にとってくださいね。
今回は、男性の手相を観てみます。歌手であり俳優としても活躍されているF.M氏の手相です。きれいな手相をしています。


頭脳線は、変形ますかけ線です。ますかけ線は、別名・百握りともいわれ運気に強い吉相です。
長く大きく下垂する頭脳線は、文学、音楽、絵画など芸術的な才能の豊かさを表します。また、特徴的な線として、ますかけ線上部に線があります。


二重感情線とも判断できますが、私は金星環と観ました。というのも、ますかけ線を持つケースでは、上部に横一文字の金星環が出る傾向にあります。上部にも金星環があることから、二重金星環として観ました。当然のことながら金星環の働きは強くなります。金星環は感受性の源であり、目に見えない美しさを具現化できる力があります。彼の場合、表現者としてこの上のない才能を秘めた線なのでしょう。これからも、益々のご活躍を期待いたします。
男性にみられる金星環は、俳優、美容師、デザイナー、クリエターで成功される方に多くみられます。一方、男性の金星環は、感情線や頭脳線に乱れがあると注意の相みなされます。女性にとっては魅力を倍増させるプラスの要素あり、別名「ビーナス・ガードル」ともいいます。また、線が薄かったり、切れ切れであったり金星環を、見つけられない方も多くいらっしゃいます。その場合、中指と薬指を2本揃えて軽く手前側にお辞儀させれば、金星環が現れてきます。きれいに一本の線で現れることは少なく、大抵は3~4本重なる様に現れます。内面からの美しさを演出してくれますので、更に魅力的になりたいと思っていらしゃる方は一度チェックされてみてはいかがでしょうか。

記:玉木 仁邦