2019年に手相の観点から開運を!

今年こそはと色々目標をと計画を立てられたと思います。
2019年も昨年に引き続き厳しい年回りになりそうですが、1年明るく楽しく目標に向かって進んでいきたいものです。
太陽線は、薬指下から手首方面に向かう線です。名声や成功、金運を表します。また、他人からのサポート等、無形の財産も表します。この線は、ない方や薄い方などもいらっしゃいますが、手相はご自身が意識すると線に変化が生じやすくなります。例えば、線の向かう方向や、線の有り様によって運気に違いがでます。それぞれ向かう太陽線で開運につなげて下さい。

20190120

太陽線は、1本太くくっきりはっきりあるのが理想です。
理想と現実が違うことは多いですが、手相は変える事が出来ます。
例えば、ご自身の爪で線をなぞるようにマッサージしていただくと効果がやすくなります。
また人差し指と小指の先を合せるように指運動することで線が強くなる傾向があります。
太陽線がはっきりしてきますと、生き生きとしたご自分を感じることができ、名前の通り周りの人たちを明るく照らすことができます。面倒だという方は、暖色系のペンで書いてもよいですよ。
今年は手相の観点から開運に結び付けて下さい。

記:玉木仁邦

 

 

2019年「己亥」年と「八白土星・中宮」年について

十干「己」は陰の土であり、曲がったものが頭をもたげて伸びようとする様子を表しています。草木の枝先に新芽が出てく新しい動きを意味し、「起こる」「己を正す」などの漢字の元となっています。十二支「亥」豚の骨を象った漢字です。含む漢字には、刻、劾、該、骸、咳があります。木偏を付けると「核」となり、物事の中心であり起爆性を持っています。動物ではイノシシ(猪)に当てはめているので、その気性となる猪突猛進という勢いを孕んでいます。
昨年2018年「戊戌」年は「国難激震の年」(2018年1月11日ラジオ関西「三上公也の情報アサイチ!」で公表)と占いました。振り返ってみると、実に多くの出来事が圧縮された一年だったのではないでしょうか。特に印象的なのが自然災害の多さ、豪雨・台風・地震と近年で最も多く発生しました。被害を受けた地域では、河川の氾濫や山崩れ、高潮や地層に沿っての液状化現象などが集中し、当たり前の日常が脆くも一瞬にして変わってしまうことを思い知らされました。世界情勢についても、各国間の関係が微妙となり、不穏さが増してきているのではないでしょうか。また、平成最後の年の12月、世界の株安連鎖は歯止めがかからなくなっています。
昨年の流れを受け継ぐ2019年は「100年に1度の激動の年!」(2019年1月1日ラジオ関西「三上公也の情報アサイチ!」で公表)と占いました。

20190110

記:越山真知央

一月の運勢

誕生月別 易占から見る一月の運勢

1

一月生まれ

改革の時です。
思い切って新しいことに挑戦して下さい。
きっと視野が広がります。

二月生まれ

インターネットにツキありです。
あなたに取って有効な情報が得られます。
走り回って忙しくなりそうです。

三月生まれ

盛運の時です。
人からの援助も期待できます。
勢いに乗ってやり過ぎないよう気を付けて下さい。

四月生まれ

慎重運の時です。
小さな悩みが生じます。
仲間割れには注意して下さい。

五月生まれ

良好運の時です。
気分は明るく楽天的になります。
移り気に注意して下さい。

六月生まれ

控えめがいい時です。
礼儀正しく努めましょう。
トラブル回避につながります。

七月生まれ

非常に運気の強い時です。
物心両面に恵まれます。
失せ物は必ず見つかります。

八月生まれ

慎重運の時です。
謙虚で低姿勢にして下さい。
見返りを求めない心が大事です。

九月生まれ

新しい年の初めの月です。
神社・仏閣にお参りしましょう。
内なる自分を見つめなおして下さい。

十月生まれ

物事が順序良く進みにくい時です。
欲張りは禁物です。
正攻法で進めて下さい。

十一月生まれ

不安定な時です。
人の意見に流されそうです。
信頼のおける人に従いましょう。

十二月生まれ

自然体がいい時です。
無理をしては元も子もありません。
正しい行動を心がけて下さい。

 

記:松田有央

写真:赤石光穂