タクトを持った魔術師

 

若き日、独創的なスタイルでクラシック界に新風をもたらしたO.S氏はカラヤン

氏から絶賛され、ウィーン国立歌劇などで音楽監督を歴任され、タクトを持った

魔術師と呼ばれていた。

彼は語っています。作曲家は楽譜という紙に音を書くが、紙に書いただけで音に

はならない。音にするのは演奏家の役目であり、音はチョット早くても、チョッ

ト遅くてもダメで、チョット高くてもダメ、チョット低くてもダメなのだ。音符

には、ゆるぎのない、疑いがない、この音しかない、この長さしかない、決して

妥協を許さないインフォメーションがすべて詰まっていると。

指揮者は作曲家が何のため、どうやって作ったか、どう思ったかを本を読むよう

に理解して、体に入れてから演奏に臨むと表現しています。

才能溢れるO.S氏ですが、毎朝4時~9時まで楽譜を読むことを日課として続け

ていたそうです。まさに世界のO.S氏ですね。

そのO.S氏どの様な手相をされているのでしょうか?

O.S氏.jpg2 - コピー

O.S氏 - コピー

 

左手は頭脳線、感情線を伴う変形ますかけ線です。

右手の感情線は短めです。感性の豊かさ美的センスのある方です。

又、生命線と頭脳線の結びつきは長めで慎重な面も持ち合わせて

います。頭脳線は月丘方面に向かう線となっています。

クリエイティブな方です。

ひとさし指の付け根部分の木星丘が発達しています。

この丘は名誉、社会的地位をあらわし、リーダーとして活躍している人に多くみ

られます。また、薬指の付け根の太陽丘も発達しています。ここが発達している

方は芸術的なセンスがあり運も強い方です。

左手のますかけ線の特徴は、専門的な才能に恵まれ、個性的な発想力があります。

又その才能を生かすチャンスを逃しません。

世界のO.S氏も過去を振り返ると、チャンスに恵まれ非常にラッキーだったと語

っています。

それは恩師との出会い・・ピアニストを目指していた高校時代にラグビーで骨折

し、ピアニストの道を断念せざるを得なかった時、指揮者の道を導いてくれたの

がピアニストの先生、指揮者山本直純先生、恩師斉藤先生、カラヤン先生、ボル

シュタイン氏でした。

人と人の出会いというものは不思議な力により導かれるのでしょうか。偶然なの

でしょうか。

「題名のない音楽会」で司会を務められる指揮者S.Y氏の手相も真正ますかけ線

です。(S.Y氏の恩師は、上記のO.S氏でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で

O.S氏以来はじめて定期演奏会で指揮しています。)

DSC_0541S.Y - コピー

 

手相学はこんなシンプルなところから、研究が進んできたのでしょうね。

 

記:玉木仁邦