神戸松蔭女子学院大学の学園祭「松蔭祭」での手相鑑定会 報告

11月18日(土)19日(日)、神戸松蔭女子学院大学「松蔭祭」が開催されました。12月並みの気温にも負けない若さゆえのパワー、在校生だけではなく、ご家族、お友達、近隣の方、そして卒業生の方々で賑わっていました。今年で5回目となる手相鑑定会にも沢山の方が来られ、リピーター様も多くなってきました。何となく、楽しそう、聞いてほしい…理由は様々ながらも、それぞれご自身の手相に興味津々の様子で聞き入っていらっしゃり、1日目144名、2日目226名、計370名の方を鑑定致しました。なお鑑定料は全額「九州北部豪雨災害」へ主催者側を通し寄付されます。
印象的な手相をご報告致します。

20171118 松蔭祭①今回の鑑定では、金星環(中指と薬指を囲む線)が出ているおしゃれな方が多くいらっしゃいました。金星環とは、美的感覚、芸術的センスがあり、クリエイティブな分野での活躍が期待できます。異性への関心やご縁もあり、美しいものを愛でることで感性は磨かれます。社会人も学生さんも、ご自身の能力を活かして輝いていかれることでしょう。

峯山清州

 

20代女性。学生さんだったので、運命線はまだでていませんでしたが、雑線がほとんどなく3大重要線とアナウンス線だけがはっきりでていました。とてもシンプルな手相です。 こういう場合色々なケースがありますが、比較的心が安定していて今を楽しく過ごされている方が多いです。そのせいでしょうか、この方は素直に話を聞き、とても受け取り上手な印象をうけました。そして、アナウンス線の話をすると「友達とおしゃべりをするのは大好きです。」と答え、線を活かしているようでした。こんな風に線を活かしているから安定しているのかもしれませんね。

塩田一紗乃

 

40代女性。仕事運と総合運を観て下さいとの依頼です。感情線が鎖状になっています。鎖状の線が出る場合、その線の持つ意味を弱めマイナスのイメージが、感情線に出る場合のみ感受性の豊かさをあらわすプラスのイメージともなります。また感受性の豊かさ故、人間関係で悩むことがある方に多い線です。運命線は、小指側月丘側より途切れることなく一本強くはっきり深く出ており、働く女性の手です。これからも同じ仕事で頑張っていきます、とお話をさせて頂きました。「実は、職場での人間関係から転職とも考えていたところです。今のお話を参考に、頑張っていこうと思います」と笑顔でお答え頂きました。

玉木仁邦

 

女児。お母様と一緒に来られました。積極的に手相を観てもらおうとするしぐさです。手相を拝見しますと、感情線は人差指の間まできれいに入っていて、頭脳線は月丘の方に下がっています。生命線は大きくカーブして親指のつけ根を囲んでいました。運命線は地丘より上がって中指方向に伸びています。「大きくなったらどんなお仕事に就きたいの?」とお聞きしますと「看護師さん」と、はっきりおっしゃいました。健康にも恵まれ、心優しい女の子です。後でお母さんの職業をお聞きしますと「看護師さん」でした。お母さんも少しびっくりされていたのが印象深かったです。

松田有央

①20171119 松蔭祭

薬指から手首のほうに向かう太陽線(名声や成功、金運を表す線。)が1本深くハッキリ出ています。その横、小指の下から手首に向かう財運線が細かく数本でておりましたので、「入ってくる金運もお持ちですが、気前よく細かいお金がよく出ていきませんか?」とお話すると、思い当たることがあったのでしょうか。「気前はそんなによくないのですが、そんなことまでわかってしまうのですね。」と笑っておられました。数名の方に同じ線を目にしたので、記憶に残った会話の一つでした。

黒木梨央

 

40代男性。「最近、転職したい気持ちがあり、少し迷っています。手相で何か参考になる事があればと伺いました」とのご相談です。両手とも、頭脳線と生命線の起点が離れています。命令や束縛を嫌い、自由を好み、人を頼らず自分で運を切り開いていく強さがあります。考察力・発想力が豊かで個性的で、魅力的な人物であることを意味します。また、感情線が人差し指の方へ流れており、冷静な判断力を持ち、知的レベルも高く、指導力もあります。ただ、流年法にそって運命線を観ると、弱いと判断しました。「あなたが、転職したいなら、心ざしを強く持ち、積極的に行動することで、手首から中指に向っている薄い運命線がもっとはっきりしてきます。その時が転職の時ですよ」とお伝えすると、「はい、有難うございました」と納得されたご様子でした。

藤本麗璃

 

今回の鑑定会は、学園祭ということもあり、学生さんや若い方の鑑定が目立ちました。特に時節柄、就職に向けての相談が多かったように思います。手相で仕事の適性を判断するには、主に頭脳線(親指の付け根と人差し指の間から始まり手のひらを斜めに横切る線)を見ます。中間より上へ向かうと、現実的で合理的な考え方に優れ、中間より下へ向かうと、文学や音楽等、芸術面の才能に優れます。また、先端が別れている場合は、多趣味で発想力が豊か、語学の才能もあります。皆さんのお話を伺うと、その方面の勉強をなさっている方が多く、そして、そういう方は、運命線(手のひらの下部から中指に向かう線)もはっきりと勢いよく現れている方が多かったです。今まで学んで来られた事を活かす事が運気の向上につながります。将来、活躍される姿が想像できる、そのような鑑定会でした。

大森央豊

 

30代女性。手相を伝えるたびに笑顔で反応されていました。月丘から伸びる運命線に、頭脳線辺りでしっかり交わる影響線があります。「30歳頃、何か良い事、印象的な事はありましたか?」と尋ねると、ずっと夢見ていたカフェを始めたそうで驚いていらっしゃいました。「人に好かれる人間性ですし、いい選択をされましたね。これからも人脈を大切にしてください」とお声掛けしました。

越山真知央