国際ソロプチミスト神戸主催 チャリティーバザー手相鑑定会 報告

3月27日、ポートピアホテルで行われた、国際ソロプチミスト神戸主催 チャリティーバザーにて手相鑑定会をしてきました。とても活気のあるバザーでした。68名の方を鑑定し、鑑定料は全額寄付させていただきました。

特徴的だった手相の報告を致します。

40歳代女性 、手のひら中央部より人差し指に向かってまっすぐ一本立ち上がる運命線で頭脳線の先端が二又に分かれ上部が小指側に上がっている線をおもちでの方でご商売で大成功される手相ですとお伝えのところ、大きく頷かれてました。もうすでに順風満帆と推察鑑定させて頂きました。

玉木仁邦

珍しい2重頭脳線をお持ちの40代の女性。その長い方が二又に分かれており月丘に流れる線ともう片方は真横に流れています。今は子育てしながら家で絵画教室を開いておられて将来は不動産業をされているご主人の仕事にもかかわっていく予定だそうです。持てる能力をフルに使っておられるスーパーウーマンと拝見しました。
丹羽央璃

迷ってばかりと嘆く60代女性。生命線と頭脳線の結び付きが長くとても慎重派な方です。迷ったら先ず一歩踏み出してみる事。困っても誰かに助けてもらえるソロモン環、片方の人差し指の付け根にスクエア(人に奉仕や教える事に向く)、金星環(芸術的センス)もお持ちです。誘われていた絵手紙を是非にとお勧めしました。

柏木啓伶

 

生命線が二重に長くはっきりでていらっしゃる方だったので、恵まれた体力があることをお伝えしたところ、ご家族三人介護されている環境でした。『体力のおかげで介護ができているんだ』と笑顔になられました。生命線と運命線の間にはっきりと奉仕十字もありました。家族の絆はどの線に現れているんでしょうか?と言うことをお聞きになられましたので、親指の結びになっている線がファミリーリングが家族縁です。と伝えますと喜んで
いらっしゃいました。家族を本当に大事にされておられる手相でした。

藤原萠乃

 

鑑定をさせていただいた方のほとんどが旅行線がでていました。小学生の女の子もきれいに旅行線が出ていました。母親について出掛けてきていることからも、出掛けるのが好きなんでしょうね。小学生ですが、すでに「海外旅行が好き」と言っていました。他の方たちも、「家にいるより外に出るほうが好きです」という方ばかりでした。

塩田一紗乃