国際ソロプチミスト神戸主催 第42回チャリティーバザーでの手相鑑定会 報告

春爛漫、桜咲き誇る 3 月の末、神戸ポートピアホテルにて第 42 回国際ソロプチミスト神戸チャリティーバザーが開催されました。会場前より多くの方々が並び、今年も大盛況の様子でした。
IMG_7614私達の手相鑑定会も今年で 5 回目となり、今回は 85 名の人がいらっしゃいました。なお、鑑定料は全額、国際ソロプチミスト神戸を通じて「マーサを支える会」の活動助成に役立てられます。印象に残る鑑定例をご報告いたします。
IMG_7690
80 代女性。歌っているようにきれいな声で話される方でした。頭脳線がきれいに月丘に伸びているので「趣味でされていることはありますか?」とお聞きしますと、オペラを習っているとのことです。生命線もはっきりときれいにカーブを描いているので、「歌は腹式呼吸でお腹から声を出すので健康にとてもいいですね!これからも好きなことを楽しみながら、どうぞお元気で過ごしてください」と申し上げましたら、とてもいいお顔でうなずかれました。

松田 有央

 

10 分という短い鑑定時間内でお話しするのはとても難しいと感じることが多いのですが、精一杯の気持ちを込めて鑑定会に参加させていただいております。今回の鑑定で多くの方が「健康」について関心をお持ちでした。ご時世なのでしょうね、介護に関わっている方、お仕事でバリバリと活躍なさっている方、現役を退かれた方、学校に入学される方と千差万別です。色々な方とのお話の中で学ばせていただく事も多く、ご縁を頂けましたことに感謝いたします。

黒木 梨央

 

40 代女性。細い太陽線が複数あるので「気前よく皆さんのためにお金を使われるのでしょうね」と申し上げると「わかりますか?多方面からボランティアを依頼され企画しては、足らないお金を出してしまいます。いいのでしょうか?」と聞かれました。片手の頭脳線は小指側に上がっているので「金銭感覚抜群の上に、運命的がはっきりと手首から中指まで出ていますので、将来も大丈夫です。貴方のされている事は巡り巡って貴方に返って来るでしょう」とお伝えしましら、安心していらっしゃいました。

森内 美翔

 

IMG_7753
70 代女性。ご主人が他界し、 10 数年一人暮らしです。息子家族が心配され同居をと言われているのですが、どうしたらよいかと思っています。頭脳線は大きく下垂し、芸術的な事柄に興味をお持ちで、変形ますかけ線はいざという時の運気の強さとを表しています。運命線は、強くはっきり月丘より立ち上がり、また生命線と頭脳線の起点がはなれ意志の強さがあります。生命線は大きく弧を描き、内側にもう 1 本生命線をサポートする線・二重生命線があることから生命力の力強さを感じ、健康運は申し分なく良好で、手相から精神的にも充実された生活されていることが読み取れます。暫らくは、楽しみな近所の付き合いも含め、趣味の水彩画で楽しむのも選択肢のひとつですとお話させていただきました。

玉木 仁邦

 

今回の手相鑑定では、神秘十字・奉仕十字・芸術十字を数多く観ることができました。中でも芸術十字 ( 頭脳線と感情性の間、薬指ラインに表れる十字 ) をお持ちの方は極めて少ないのです。ただ芸術のセンスがあるだけではなく、実際にアーティストとしての才能が備わっていることをお伝えすると、音楽・絵画・手芸方面で活躍されているとの反応がありました。なぜだかお声があり何となくやっていたことも、手相で実感することにより自信が持てた様で「来て良かったです。ありがとう」と、とても嬉しそうな表情でした。

越山 真知央

 

写真:赤石 光穂